映画「スノーホワイト」チラシ

子供から大人まで幅広く愛されている名作グリム童話の「白雪姫」を基に、コンセプト、ビジュアル、ストーリー...すべてにおいて、これまでの白雪姫のイメージを一新させた、壮大なスケールで贈るユニバーサル映画100周年記念作品です。
主人公スノーホワイトには、『トワイライト』シリーズでマネーメイキング・スターとなったクリステン・スチュワート。王子様を待つだけのかわいいだけのお姫様ではなく、ドレスを脱ぎ捨て、武器を手にした「戦う白雪姫」...逃亡の旅路で、真実に導かれ、自らと自らを信じるものたちと共に悪に立ち向かい、タフに進化していくヒロインを力強く演じています。
一方、スノーホワイトが対決する最強の敵役には、シャーリズ・セロン。悪役に徹するのを楽しんだという彼女は、スノーホワイトを地の果てまでも追いかける邪悪な女王ラヴェンナを演じています。

画像
画像
〈ストーリー〉
ある王国。マグナス王が死んで、女王ラヴェンナの統治に変わると平和な国は荒廃し、世は乱れていった。女王は永遠の美と若さに執着し、毎日鏡を眺めてはこう問いかけていた。
「鏡よ、鏡。この世でいちばん美しいのは誰?」
「もちろん、女王様です」
しかし、ある日、鏡はこう言った。
「この世でいちばん美しいのは女王様ですが、やがてあなたよりも美しい娘が現れます。その時、娘の心臓を食べれば、あなたは永遠の美と若さを手に入れ、不死身となるでしょう...」

その娘が自分の継娘、スノーホワイトと知った女王は、彼女を城の塔へ閉じ込め、時が熟するのを待った。
7年後、ついにその時が来る。ところが、スノーホワイトは塔から脱出を図り、深い森の奥へとひとり逃げ込んだ。女王は森に詳しいハンターのエリックを雇い、何が何でもスノーホワイトを捕らえるように命じるのだった...。

公式サイト、http://snowwhite-movie.jp

原題/SNOW WHITE AND THE HUNTSMAN
製作/2012年
公開/2012年6月15日 アメリカ映画 127分

監督/ルパート・サンダース
脚本/エヴァン・ドハーティ
   ジョン・リー・ハンコック
   ホセイン・アミニ

出演/クリステン・スチュワート
    :スノーホワイト(マグナス王の娘)
   シャーリズ・セロン
    :ラヴェンナ王女(マグナス王の後妻)
   クリス・ヘムズワース
    :エリック/ハンター
   サム・クラフリン
    :ウィリアム王子(ハモンド公の息子)

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック