映画「ラム・ダイアリー」チラシ2

真夏のプエルトルコで繰り広げられる、無能な記者仲間たちの最低な日々と、危険なラブロマンス。こんなに楽しそうなジョニー・デップは、みたことない!
デップが敬愛してやまない、ジャーナリズム界のロックスターと称された故ハンター・S・トンプソンの原作を、自身の企画・製作・主演で完全映画化。親友に捧げた「運命の作品」です。

画像
画像
〈ストーリー〉
1960年、南米プエルトリコに、ジャーナリストのポール・ケンプが降りたった。地元の新聞社で働きはじめたケンプは、記者仲間に囲まれながら、ラム酒を浴びるように飲むという島の生活にすぐに馴染む。ある日アメリカ人企業家のサンダーソンと彼の婚約者であるシュノーと出会ったケンプは、彼女の美しさと類まれなる魅力に夢中になる...。
落ちてはいけない恋に戸惑いながら、サンダーソンの策略に巻き込まれ始めるケンプ。そして彼が下す、仕事と恋の決断とは...。

公式サイト、http://rum-diary.jp

原題/THE RUM DIARY
製作/2011年
公開/2012年6月30日 アメリカ映画 120分

監督・脚本/ブルース・ロビンソン
原作/ハンター・S・トンプソン『THE RUM DIARY』

出演/ジョニー・デップ
    :ポール・ケンプ/ジャーナリスト
   アンバー・ハード
    :シュノー(サンダーソンの愛人)
   アーロン・エッカート
    :サンダーソン/企業家
   マイケル・リスポリ
    :ボブ・サーラ/ジャーナリスト
   リチャード・ジェンキンス
    :ロッターマン/新聞社編集長
   ジョヴァンニ・リビシ
    :モバーグ/ジャーナリスト

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック