映画「生きてるものはいないのか」チラシ

ジャンルを超越した世界観で今なお、世界中で熱狂的な支持を受ける映画監督、石井岳龍。『五条霊戦記 GOJYO』(00)以来、実に約11年ぶりに待望の劇場用長編作品が完成した。彼が題材に選んだのは、32歳という若さでありながら劇作家として岸田戯曲賞を受賞、小説家として芥川賞候補作を持つ新鋭・前田司郎の傑作戯曲「生きてるものはいないのか」。怪しい都市伝説が囁かれるある大学を舞台に次々と謎の最期を迎える18人の登場人物の「最期の瞬間」を石井監督がどう表現するのか。
病院に併設された大学キャンパスで、どこにでもある平凡な日常から突然、登場人物が消えて行く。そして笑いながら世界は終末へと進んで行く...。

画像
画像
〈ストーリー〉
病院に併設された大学キャンパス、学生たちがいつもの午後を過ごしていた。病室を抜け出す娘、妹を探す怪しい男、都市伝説を語る学生たち、三角関係の学生と喫茶店員、大事故を目撃した男たち、踊りを練習する学生たち、医療事務員に片思いの耳鼻科医、アイドル大学生、子供を捜す母親、そんなありふれた日常に、突然、最後の瞬間が近づいてくる。それはこの世の終末なのか...。

公式サイト、http://ikiteru.jp

製作/2011年
公開/2012年2月18日 日本映画 113分

監督/石 井 岳 龍
原作・脚本/前 田 司 郎『生きてるものはいないのか』

出演/染 谷 将 太:ケイスケ
   高 梨   臨:リョウコ
   白 石 廿 日:カオリ
   飯 田 あさと:カツフミ
   高 橋 真 唯:ナナ
   田 島 ゆみか:エリナ
   池 永 亜 美:エイコ
   札 内 幸 太:「アンドレ」
   長谷部 恵 介:「マッチ」
   師 岡 広 明:カツオ
   羽 染 達 也:ショージ
   青 木 英 李:マキ
   田 中 こなつ:ミキ
   渋 川 清 彦:コウイチ
   津 田 翔志朗:「サカナ博士」
   芹 澤 興 人:ナイトウ
   杉 浦 千鶴子:サチエ
   村 上   淳:「ヤマさん」

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック