TV「スマステ!!月イチゴローランキング1」6月

スマステ!!月イチゴロー ランキング2012.6.23
イナガキ ベスト5(第1位)
映画「幸せへのキセキ」

最愛の人の死から立ち直るまでの「軌跡」を描いた、「奇跡」の実話!
経験も知識もなく成し遂げた動物園の再建によって、愛する人の死を乗り越えたのは、英国のコラムニストだったベンジャミン・ミー。この世界を感動で包んだ実話を、誰にでも起こりうる奇跡として描いたのは、『ザ・エージェント』のキャメロン・クロウ監督。失った人を忘れるのではなく、深く愛し続けながら悲しみから立ち直る主人公の姿を、心を込めて演じたのは、『ボーン』シリーズのマット・デイモン。果たして彼が動物園を買った本当の理由とは...?

画像
画像
〈ストーリー〉
半年前に最愛の妻を亡くしたベンジャミン、彼の14歳の息子と7歳の娘は、いまだ悲しみと混乱の中にいた。ベンジャミンは仕事を辞めてしまい、息子は問題を起こして退学処分になってしまう。新しい場所で新しい人生を再始動しようと、ベンジャミンは郊外に家を買うが、なんとそこには閉鎖中の「動物園」というオマケがついていた!
さっそくベンジャミンは動物園の再オープンに取り組むが、慣れない事業にトラブル続出、莫大な修理費や薬代で資金も底をつく。だが、飼育員と地域の人々、亡き妻からの贈り物に支えられ、ベンジャミンは再び冒険に立ち向かう。妻との約束を果たすために...。

公式サイト、http://www.foxmovies.jp/sk/about/index.html

原題/WE BOUGHT A ZOO
製作/2012年
公開/2012年6月8日 アメリカ映画 124分

監督・脚本/キャメロン・クロウ
原作/ベンジャミン・ミー
脚本/アライン・ブロッシュ・マッケンナ

出演/マット・デイモン
    :ベンジャミン・ミー/コラムニスト
   スカーレット・ヨハンソン
    :(ベンジャミンの妻)
   トーマス・ヘイデン・チャーチ
   パトリック・フュジット
   エル・ファニング
   ジョン・マイケル・ヒギンズ

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック