映画「リンカーン弁護士」チラシ

アメリカを代表する巨匠、マイクル・コナリーの同名小説を、ハリウッド再有望若手のブラッド・ファーマン監督が独自の感性で描き出し、映像だからこそ楽しめる、濃密なスリルあふれるエンターテインメントに仕上げられた極上のサスペンス!
高級車リンカーンの後部座席をオフィスにL.A.中の法廷を駆け巡るミック・ハラーは、金次第で麻薬売人や売春婦の容疑を晴らす敏腕弁護士。ある日、資産家の御曹司ルイス・ルーレが女性への殺人未遂容疑で告発され、弁護を担当することになる。楽勝で高額な報酬にありつけると勇むミックだったが、過去にミックが弁護を担当した別の殺人事件の真犯人がルイスではないか?という衝撃的な疑惑が浮上する...。

画像
画像
〈ストーリー〉
大都市ロサンゼルスを日々慌ただしく駆け巡るミック・ハラーは、麻薬売人や娼婦などの犯罪者を顧客とするやり手弁護士。そんなミックのもとに、「でかい儲け話」が転がり込んでくる。
ルイス・ルーレというビバリーヒルズの資産家の御曹司がある女性への殺人未遂容疑で告発されたその事件は、司法取引で丸く収めれば報酬をがっぽりと得られるはずだった。
しかし、無実を主張するルイスが司法取引を断固拒否したため、事件の決着は裁判に持ち込まれることに。しかもルイスが、4年前にミックが弁護を担当した殺人事件の真犯人ではないかという衝撃的な疑惑が浮上する。
ルイスの身辺を調べ始めたミックの周りにルイスの魔の手が迫り、やがて危険はミックの元妻で検事のマギーや娘にまで及び始める。自分が用意周到な罠にはめられたことに気が付いたミックは、弁護士として、父親として人生最大の危機に陥れられるのだった...。

公式サイト、http://tll-eiga.com

原題/THE LINCOLN LAWYER
製作/2011年
公開/2012年7月14日 アメリカ映画 119分

監督/ブラッド・ファーマン
原作/マイクル・コナリー『リンカーン弁護士』
脚本/ジョン・ロマーノ

出演/マシュー・マコノヒー
    :ミック・ハラー/弁護士
   ライアン・フィリップ
    :ルイス・ルーレ/殺人未遂被告人・資産家御曹司
   マリサ・トメイ
    :マギー(ミックの元妻)/検察検事
   ウィリアム・H・メイシー
    :フランク(ミックの相棒)/弁護士
   ジョシュ・ルーカス
    :ミントン
   ジョン・レグイザモ
    :ヴァル
   マイケル・ペーニャ
    :マルティネス
   ボブ・ガントン
    :ドブス
   フランシス・フィッシャー
    :メアリー
   ブライアン・クランストン
    :ランクフォード

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック