映画「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」パンフ

これまでもインポッシブル(不可能)なミッションを、すべて解決してきたIMF=極秘スパイ組織・不可能作戦班のイーサン・ハント。そんな彼が過去最大の窮地に立たされるのが、シリーズ第4作目の本作。
ロシアのクレムリンで爆破テロ事件が起こり、現地に居合わせたイーサンのチームに容疑がかけられてしまう。信頼していた上司も殺害され、IMFから抹殺されたイーサンは信頼できる仲間と共に、自ら爆破事件の黒幕を見つけ出そうと決意する。しかし、ミッションに失敗すれば、逆にイーサンがテロリストの汚名を着せられる可能性もある。黒幕たちの取引が行われるのは、世界一の高さを誇るドバイの超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」。イーサンとそのチームは、高レベルのセキュリティーを突破し、前人未到の高さの取引現場へ潜入する計画に着手した。空前の危険を伴うミッションは、果たして成功するのか?
そして黒幕たちが計画する、さらなる恐るべきテロ計画とは...?

画像
画像
〈ストーリー〉
ロシアの中枢・クレムリンが突如何者かによって爆破され、その容疑がIMFのエージェント、イーサン・ハントとそのチームにかけられる。国家としての事件への関与を否定すべく、アメリカ大統領は「ゴースト・プロトコル(架空任務)」を発令する。それによりIMFは、その存在そのものを抹消されてしまう。汚名を着せられたイーサンチームは、国や組織という後ろ盾を失ったまま、クレムリン爆破の黒幕をつきとめ、核によるテロを未然に防ぐという、不可能に近いミッションの遂行を余儀なくされる。もし失敗すれば、彼らは凶悪なテロリストとして全世界に指名手配されることになるのだ。
退路を断たれたイーサンたちは核テロを企てる黒幕たちの取引場所を割り出す。そこは世界一の高さを誇るドバイの超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」の最上階。最新のセキュリティに守られた難攻不落の天空城に、特殊粘着グローブと命綱一本で侵入を試みるイーサンだったが...。
幾重にも張り巡らされた罠と、よぎる裏切りの影。そして次第に明らかになるミッションの「真の目的」とは...?

原題/MISSION: IMPOSSIBLE-GHOST PROTOCOL
製作/2011年
公開/2011年12月16日 アメリカ映画 132分

監督/ブラッド・バード
原案テレビシリーズ創作/ブルース・ゲラー
脚本/ジョシュ・アッペルバウム
   アンドレ・ネメック

出演/トム・クルーズ
    :イーサン・ハント/米国極秘諜報機関(IMF)
                    エージェント
   ジェレミー・レナー
    :ウィリアム・ブラント/(IMF)エージェント
   サイモン・ペッグ
    :ベンジー・ダン/(IMF)エージェント
   ポーラ・パットン
    :ジェーン・カーター/(IMF)エージェント
   ミカエル・ニクヴィスト
    :カート・ヘンドリクス
   ウラジミール・マシコフ
    :アナトリー・シディロフ
   ジョシュ・ホロウェイ
    :トレヴァー・ハナウェイ
   アニル・カプール
    :ブリッジ・ナス
   レア・セドゥー
    :サビーヌ・モロー
   トム・ウィルキンソン
    :(IMF)長官

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック