映画「北のカナリアたち」チラシ

厳寒マイナス30度。圧倒的な大自然と、人間ドラマ!
主な舞台となるのは日本最北端の島、荒涼な大地広がる礼文島、利尻島。体感温度マイナス30度を超える極寒の冬と、高山植物が鮮やかに咲き誇る夏と、ふたつの季節をつなぎ一大ロケーション撮影が展開される。圧倒的な自然を背景に紡がれるのは、ひとりの女性が封印した「ある過去」についての、胸に迫る物語だ。
原作は、湊かなえの「往復書簡」に収録された「二十年後の宿題」を原案に、脚本を『北の零年』の那須真知子が手掛ける。

画像
画像
〈ストーリー〉
東京郊外で図書館司書をしている彼女は、ある事件をきっかけに、北の離島の小さな学校で教師をしていた20年前に引き戻される。やがて、かつての教え子たち6人ひとりひとりと再会することになる「先生」。
そこから凍結されていた「真実」が思いもかけないかたちで氷解していく。そのとき、大きなキーとなるのが、子供たちの歌。単なる謎解きではなく、人と人との思うようには進まない関係性、それでもあるときしっかり結ばれる絆の行方と情景が、かけがえのないものとして映し出されるのだ。

公式サイト、http://www.kitanocanaria.jp

製作/2012年
公開/2012年11月3日 日本映画

監督/阪 本 順 治
原案/湊   かなえ『往復書簡』
脚本/那 須 真知子

出演/吉 永 小百合
    :川島 はる/元小学校教師・図書館司書
   柴 田 恭 平
    :川島 行夫(はるの夫)
   仲 村 トオル
    :阿部 英輔/警察刑事
   里 見 浩太朗
    :堀田  久(はるの父)
   森 山 未 來
    :鈴木 信人(20年前はるの生徒)/鳶職
   満 島 ひかり
    :戸田真奈美(20年前はるの生徒)/
               「サロベツ原生花園」職員
   勝 地   涼
    :生島 直樹(20年前はるの生徒)/貿易会社社員
   宮 崎 あおい
    :安藤 結花(20年前はるの生徒)/幼稚園教諭
   小 池 栄 子
    :藤本 七重(20年前はるの生徒)/造船所溶接工
   松 田 龍 平
    :松田  勇(20年前はるの生徒)/警察警官

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック