映画「新しい靴を買わなくちゃ」チラシ2

何かに必死でがんばっていても、ふと気づくと、心に隙間が見つかることは誰にだってある。偶然の出会いから、隙間を埋めてくれる理想の相手が見つかったら、どんなに幸せだろう。そんな夢を叶えてくれる、とびきりロマンティックな映画が誕生しました。舞台は、パリ。ヒールが折れた靴をきっかけに、パリに暮らす女性と、日本から観光で来た青年の運命がクロスする、これは魔法にかかったような3日間の、ときめきの物語。
「恋」に迷う女・アオイ、
「道」に迷う男・セン。
靴が導く運命の出会い...おとぎ話のような「3日間」が今、始まる...。

画像
画像
〈ストーリー〉
妹に付き添って、パリ観光にやって来たカメラマンのセンは、パリに着くなり、単独行動をしたいと言う妹・スズメに置き去りにされてしまう。泊まるはずのホテルもわからず途方にくれるセンだが、落としたパスポートが踏まれて破れてしまい、さらに困った状況に...。
踏んだ靴の主は、パリでフリーペーパーの編集をする日本人女性、アオイだった。パスポートを踏んだために、ヒールが折れてしまったアオイの靴を、接着剤で直すセン。感謝したアオイは、困ったときのために自分の連絡先を渡すのだった...。

スズメと連絡がとれないセンは、しかたなくアオイに電話をかけ、その夜、ふたりは食事をすることになる。話がはずみ、酔っぱらってしまったアオイを、自宅まで送り届けるセン。結局、ホテルに戻れなくなったセンはアオイの部屋に泊まってしまう。そのころスズメは、パリに住む恋人のカンゴを訪ね、久々の再会を果たすも、カンゴの態度はどこかぎこちない。

センはカメラマンとしてアオイの取材にも同行し、パリを満喫していく。ヒールが壊れた靴のまま歩き、「新しい靴、買わなくちゃ」とつぶやくアオイを、センは優しく見つめる。やがてふたりは、誰にも言えなかった思いも打ち明け合うのだった。なぜひとりでパリに暮らしているのか。これからもカメラの仕事を続けるべきなのか。抱きしめ合うふたりの気持ちはひとつになっていく。このまま離れたくない...。

公式サイト、http://newshoes.jp

製作/2012年
公開/2012年10月6日 日本映画 115分

監督・脚本/北 川 悦吏子

出演/中 山 美 穂
    :アオイ/フリーペーパー編集者
   向 井   理
    :セン/カメラマン
   桐 谷 美 玲
    :スズメ(センの妹)
   綾 野   剛
    :カンゴ(スズメの恋人)
   アマンダ・プラマー

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック