映画「八日目の蝉〈ようかめのせみ〉」パンフ

不倫相手の子どもを誘拐し、4年間育てた女と、誘拐犯に育てられた女。
なぜ、誘拐したの?なぜ、私だったの?
直木賞作家、角田光代のベストセラー小説、待望の映画化!
今日まで母親だと思っていた人が、自分を誘拐した犯人だった...。不実な男を愛し、子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と妻の間に生まれた赤ん坊を連れ去る女、野々宮希和子と、その誘拐犯に愛情一杯に4年間育てられた女、秋山恵理菜。実の両親の元に戻っても、「ふつう」の生活は望めず、心を閉ざしたまま21歳になった恵理菜は、ある日、自分が妊娠していることに気づく。相手は、希和子と同じ、家庭を持つ男だった。過去と向き合うために、かつて母と慕った希和子と暮らした小豆島へ向かった恵理菜がそこで見つけたある真実。そして恵理菜はある決断をするのだ...。

画像
画像
画像
〈ストーリー〉
1993年12月、横浜地方裁判所。
秋山丈博、恵津子夫妻の間に生まれた生後4ヶ月の恵理菜を誘拐し、4年間逃亡した野々宮希和子への論告求刑が告げられた。最後に何か言いたいことは、と裁判官に尋ねられた被告・希和子は、静かにこう述べた。
「...4年間、子育ての喜びを味わわせてもらったことを感謝します...」。

会社の上司であった秋山丈博を愛し、子どもを身ごもった野々宮希和子。しかし丈博には妻がいた。丈博は「いずれ妻と別れるから、それまで待ってくれ」と言うばかりで、子どもを産むことは叶えられないことだった。子どもを諦め、中絶手術をした希和子だったが後遺症で二度と子どもを産めない体になってしまうのだ。
そんな時、丈博から妻の恵津子が子どもを産んだことを聞かされる。私には諦めさせ、妻には産ませる男の身勝手さ。最初から望みはなかったのだ。別れる前に一目だけでも赤ちゃんを見たい。そう思った希和子は、夫婦の留守宅に忍び込み、いつの間にか赤ん坊を抱いて雨の中を飛び出してしまうのだった...。

その赤ちゃんに「薫」と名付けた希和子は、長かった髪を切り、ニュースや新聞記事に怯えながら各地を転々とする。友人を頼り、ある時は悩みを抱える女性たちが自給自足をしながら共同生活を送る「エンジェルホーム」に身を寄せ、そこが危うくなると薫を連れて、名前を変えながら次の場所へと移動する。
「今日一日、明日一日、薫と一緒にいられますように...」ただその思いだけが希和子を動かしていた。流れ着いた小豆島でひと時の安らぎを得、幸せな時を過ごす二人。しかし、捜査の手は徐々に迫っていた。福田港のフェリー乗り場で、ついに逃避行は終わる。その時、薫は4歳になっていた...。

その後、秋山恵理菜は21歳の大学生になった。4歳で初めて実の両親に会い、抱きしめられた時にわけが分からず、顔をこわばらせたまま、おしっこをもらした。生まれてすぐに世界一悪い女にさらわれたのだと聞かされ、私たちこそが正真正銘の家族だと言われても実感が持てなかった。さらに世間から受けるいわれのない中傷。無神経に事件が書き立てられ、家族は疲弊していった。母から、「顔を見ると、あの女を思い出す。どうして私ばかりこんな辛い思いをしなければならないのか」と泣かれると、恵理菜は全ての責任は自分にあるような気がして辛くなった。誘拐した希和子を憎むことで自分を殺し、誰にも心を開かないまま、恵理菜は大人になったのだ。
家を出て、バイトで生活費を稼ぎ、一人暮らしをしている時に岸田孝史という男に出会い、好きになった。そしてある日、自分が妊娠していることに気づく。しかし岸田は家庭のある男だった。あの人と同じ境遇だったのだ...。

製作/2011年
公開/2011年4月29日 日本映画 147分

監督/成 島   出
原作/角 田 光 代『八日目の蝉』
脚本/奥 寺 佐渡子

出演/井 上 真 央
    :秋山恵理菜(丈博の娘)/女子大生
   永 作 博 美
    :野々宮希和子(秋山丈博の愛人)
   小 池 栄 子
    :安藤 千草/ルポライター
   森 口 瑤 子
    :秋山恵津子(恵理菜の母)
   田 中 哲 司
    :秋山 丈博(恵津子の夫)
   市 川 実和子
    :沢田 久美「エステル」/
             「エンジェルホーム」住人
   平 田   満
    :沢田 雄三(久美の父)/そうめん工場主人
   劇 団 ひとり
    :岸田 孝史(秋山恵理菜の不倫相手)
   余   貴美子
    :「エンゼル」/「エンジェルホーム」代表
   田 中   泯
    :滝/「タキ写真館」主人
   風 吹 ジュン
    :沢田 昌江(雄三の妻)
   渡 邉 このみ
    :秋山  薫「恵理菜」《子供時代》

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック