映画「新しい靴を買わなくちゃ」パンフ

折れてしまったヒールを直してくれるのは誰?
靴が導く、めまいがするほどの恋。
監督・脚本、北川悦吏子&プロデュース、岩井俊二&音楽監督、坂本龍一。そして出演、中山美穂&向井理がパリを舞台に贈る、とびきりロマンティックな3日間のラブストーリー。
舞台は、パリ。ヒールが折れた靴をきっかけに、パリに暮らす女性と、日本から観光で来た青年の運命がクロスする、これは魔法にかかったような3日間の、ときめきの物語。
一足の靴から始まった男女の恋には、どんな胸を締め付ける運命が待っているのか?人生に迷っている人にも、そうでない人にも、一瞬で恋の魔法をかけてしまう映画です。

画像
画像
〈ストーリー〉
妹に付き添って、パリ観光にやって来たカメラマンのセンは、パリに着くなり、単独行動をしたいと言う妹・スズメに置き去りにされてしまう。泊まるはずのホテルもわからず途方にくれるセンだが、落としたパスポートが踏まれて破れてしまい、さらに困った状況に...。
踏んだ靴の主は、パリでフリーペーパーの編集をする日本人女性、アオイだった。パスポートを踏んだために、ヒールが折れてしまったアオイの靴を、接着剤で直すセン。感謝したアオイは、困ったときのために自分の連絡先を渡すのだった。
スズメと連絡がとれないセンは、しかたなくアオイに電話をかけ、その夜、ふたりは食事をすることになる。話がはずみ、酔っぱらってしまったアオイを、自宅まで送り届けるセン。結局、ホテルに戻れなくなったセンはアオイの部屋に泊まってしまうのだ。そのころスズメは、パリに住む恋人のカンゴを訪ね、久々の再会を果たすも、カンゴの態度はどこかぎこちなかった。カンゴが大喜びで迎えてくれると期待していたスズメだったが、彼の態度は妙に冷静。スズメは、ちょっぴり物足りなさも感じてしますのだ...。

翌日、アオイの友人・ジョアンヌを紹介されたセン。アオイとセンは結局、その日も一緒に過ごすことになる。やがてふたりは、誰にも言えなかった思いも打ち明け合うのだ。アオイは、なぜひとりでパリに暮らしているのか。そしてセンは、これからカメラの仕事とどう向き合っていくべきか...。

パリでの3日目。意を決したスゼメは、カンゴに大切な告白をする。驚きを隠せないカンゴは、どう答えるのか...。
一方センは、アオイの取材にカメラマンとして同行し、パリを存分に満喫していく。ヒールが壊れた靴のまま歩き、「新しい靴、買わなくちゃ」とつぶやくアオイを、センは優しく見つめるのだった。船でセーヌ河を行き、エッフェル塔を見つめ、抱きしめ合うふたりの気持ちはひとつになっていく。このまま離れたくない...。
「次の橋、ポンマリ。あの橋くぐる時、願い事すると叶うんだって...恋人同士でってことみたいだけど」。
「じゃ、恋人同士のふり、しますか?」

製作/2012年
公開/2012年10月6日 日本映画 115分

監督・脚本/北 川 悦吏子

出演/中 山 美 穂
    :アオイ/パリ在住日本語フリーペーパー編集者
   向 井   理
    :セン/カメラマン
   桐 谷 美 玲
    :スズメ(センの妹)
   綾 野   剛
    :カンゴ(スズメの恋人)/パリ在住画学生
   アマンダ・プラマー
    :ジョアンヌ(アオイのアパルトマン階上住人)/
                    フランス人女性

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック