映画「お買いもの中毒な私!」パンフ

レベッカ・ブルームウッドは、おしゃれと親友とのおしゃべりが大好きで、夢はファッション・ジャーナリスト。けれど彼女には、手の施しようがない悩みがあった、それは、絶望的な「お買いもの中毒」であること。自分の収入をはるかに上回るお買いものをしたばかりに、破産スレスレのところまで追い詰められた彼女は、人生を見直し、夢への扉を開こうと転職活動を始める。すると、その転職先には驚きのドンデン返しと淡い恋の予感が待っていた...。
恋にも仕事にも全力投球な、すべての女性にささげるロマティック・コメディです。

画像
画像
画像
〈ストーリー〉
ニューヨークに暮らすレベッカ・ブルームウッド、25歳。彼女の夢は、一流ファッション誌の記者になること。だけど現実の生活は夢にはほど遠く、ガーデニング雑誌の編集部で興味のない記事を片付ける毎日を過ごしている。そんな彼女のストレス解消は...なんといっても、お買いもの!当然、クレジットカード会社から毎日、送られてくる請求額は半端じゃない。
あこがれのファッション誌「アレット」の欠員募集の面接に向かう今日も、大好きなショップのセールだけは素通りできないレベッカ。以前から目をつけていたグリーンのスカーフがお買い得と知った瞬間、「これは自分への投資」とレジへ直行し、お会計のはずが...なんとカードの限度額がオーバー!あきらめきれないレベッカは、ホットドックの屋台で出会った男性から、「入院中の大叔母へ贈るスカーフ」のために20ドルを寄付してもらい、まんまとスカーフをゲットする。しかし、まさか30分もたたないうちにその男性と再開するとは...。

彼の名は、ルーク・ブランドン。募集を締め切った「アレット」の代わりに、レベッカが面接へ出かけたマネー情報誌「サクセスフル・セイビング」の編集長だった。もともと金融の知識にうといレベッカは、次々とボロを出してしまい、そそくさと退散するハメに。やがて仕事場に戻ると、ガーデニング雑誌休刊のニュースが飛び込んでくる。いきなり無職となった彼女の手元に残されたのは、カードの請求書とショッピングの戦利品の山だけだった。
親友スーズの助言に従ったレベッカは、大胆な売り込みレターを「アレット」の編集長宛てにしたためる。ところがそのレターは「サクセスフル・セイビング」の編集長ルークに届いていた。そしてレベッカのユニークな文章を気に入ったルークは、彼女をテスト採用することに...。

原題/CONFESSIONS OF A SHOPAHOLIC
製作/2009年
公開/2009年5月30日 アメリカ映画 105分

監督/P・J・ホーガン
原作/ソフィー・キンセラ『レベッカのお買いもの日記1』
            『レベッカのお買いもの日記2
                 ~NYでハッスル編~』
脚本/トレイシー・ジャクソン
   ティム・ファース
   ケイラ・アルバート

出演/アイラ・フィッシャー
    :レベッカ・ブルームウッド/ガーデニング雑誌記者
   ヒュー・ダンシー
    :ルーク・ブランドン/
     マネー情報誌「サクセスフル・セイビング」編集長
   クリスティン・リッター
    :スーズ・クリース=スチュアート
            (レベッカの親友・ルームメイト)
   ジョーン・キューザック
    :ジェーン・ブルームウッド(レベッカの母)
   ジョン・グッドマン
    :グレアム・ブルームウッド(レベッカの父)
   ジョン・リスゴー
    :エドガー・ウェスト/
             出版社「ダンテ・ウェスト」社長
   クリスティン・スコット・トーマス
    :アレット・ネイラー/
            ファッション誌「アレット」編集長
   レスリー・ビブ
    :アリシア・ビリントン/
            ファッション誌「アレット」記者

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック