映画「舟〈ふね〉を編〈あ〉む」チラシ

「舟を編む」とは、辞書を編集する。辞書の魅力にとりつかれた人たちが、悩み、戸惑い、喜びを分かち合い、時に恋をし、静かで確かな情熱を、日々そそぐ。誰かに気持ちを伝えるために「言葉」がある。
2012年度本屋大賞第一位に輝く、大ベストセラー、感動の映画化!
原作は、辞書編集部を舞台に、辞書作りに情熱を注ぐ魅力的なキャラクターたちへの愛おしさを謳い上げる、三浦しをんのベストセラー小説。2012年春、全国の書店員による「いちばん!売りたい本」本屋大賞第一位に輝いた作品です。

画像
画像
〈ストーリー〉
出版社「玄武書房」に勤める馬締〈まじめ〉光也は、営業部で変わり者として持て余されていたが、人とは違う視点で言葉を深く捉える能力を買われ、辞書編集部に迎えられる。新しい辞書「大渡海」を編む仲間として。
定年間近のベテラン編集者、日本語研究に人生を捧げる老学者、次第に辞書作りに愛着を持ち始めるチャラ男。個性ぞろいの面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。そして出会った、運命の女性。だが言葉のプロでありながら、馬締は彼女に気持ちを伝えるにふさわしい言葉をみつけられない。
問題が山積みの辞書編集部。果たして「大渡海」は完成するのか?
そして、馬締の思いは伝わるのだろうか...?

公式サイト、http://fune-amu.com

製作/2013年
公開/2013年4月13日  日本映画  133分

監督/石 井 裕 也
原作/三 浦 しをん『舟を編む』
脚本/渡 辺 謙 作

出演/松 田 龍 平
    :馬締〈まじめ〉光也/出版社「玄武書房」
                     営業部社員
   宮 崎 あおい
    :林 香具矢(タケの孫娘)/板前修業見習い
   オダギリジョー
    :西岡 正志/出版社「玄武書房」
                  辞書編集部編集者
   黒 木   華
    :岸辺みどり/出版社「玄武書房」
                  辞書編集部編集者
   渡 辺 美佐子
    :タケ/下宿「早雲荘」大家
   池 脇 千 鶴
    :三好 麗美
   鶴 見 辰 吾
    :村越/出版社「玄武書房」局長
   伊佐山 ひろ子
    :佐々木 薫/出版社「玄武書房」契約社員
   八千草   薫
    :松本 千恵(朋佑の妻)
   小 林   薫
    :荒木 公平/出版社「玄武書房」
                  辞書編集部編集者
   加 藤   剛
    :松本 朋佑/出版社「玄武書房」
                  辞書編集部監修
   宇 野 祥 平
    :宮本慎一郎
   森 岡   龍
    :江川
   又 吉 直 樹(ピース)
    :戸川
   斎 藤 嘉 樹
    :小林
   波 岡 一 喜
    :/出版社「玄武書房」辞書編集部編集者
   麻 生 久美子
    :ポスターの女優

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック