映画「マンイーター」パンフ

オーストラリアのノーザン・テレトリーにある、美しき大自然に囲まれたカカドゥ国立公園。観光客を乗せた人気のリバー・クルーズ船が突如、水中からの攻撃を受けて沈没。どうにか川の中洲にたどり着いた彼らを、今度は満ち潮が襲う。やがて、対岸の島への脱出を図る彼らを狙って水中の巨大な影が動き出す。一人、また一人、貪欲な牙のえじきとなっていく人間たち。広大な世界遺産に被害者たちの絶叫がこだまする。果たして彼らに生き残るチャンスはあるのか...?

撮影のほとんどは実際にノーザン・テレトリーのカカドゥ国立公園とニトミルック国立公園で行われた、衝撃の実話の物語です。本作の原案となった事件は、1978年9月から79年6月までの間に何度も、釣り舟が地元で「スイートハート」とあだ名された巨大クロコダイルに襲撃されたというものだった。その後、「スイートハート」は79年に捕獲され、はく製にされノーザン・テレトリーの博物館に展示されています。体長は5.1メートルだったそうです。

画像
画像
画像
〈ストーリー〉
オーストラリア北部準州ノーザン・テリトリーにある、世界遺産にも登録されているカカドゥ国立公園。そこは、広大な自然の中に貴重な固有種が数多く生息し、40万年以上前の洞窟壁画など重要な遺跡が数多く残されているオーストラリア屈指の観光地である。

シカゴからやってきたアメリカ人の旅行ライター、ピートは人気のリバー・クルーズの体験取材記事を雑誌に依頼されていた。
アレン・スミスは、余命を宣告された妻・エリザベスと娘・シェリーと共に最後の楽しい思い出を作ろうとしていた。
エヴァレットとその妻・メアリーにとってもそれは夫婦水入らずの観光旅行だった。
一方、カメラマニアのサイモンにとってカカドゥ国立公園はシャッターチャンスの宝庫。一人で参加した中年男性・ラッセルの目的は、愛した妻の遺灰を川に撒くこと。また中年女性のグウェンは気ままな一人旅を楽しんでいたのだ。

彼ら9人の観光客は、有能なアシスタント犬ケヴィンを従えた、若く美しい熟練女性ガイド、ケイト・ライアンが舵を取る小型船「スザンヌ号」でのクルーズに参加し、都会の生活では味わうことのできない大自然の驚異を満喫しようとしていた。
明るい日差しのなか、船は上流へと発進した。イリエワニの餌付けなどに乗客たちが歓声をあげ、シャッターを切る。だが、そんな楽しい時間を突然の衝撃と恐怖が襲った。
船が折り返し地点の渓谷にたどり着た頃、乗客の一人が上流の空に救命信号弾が上がるのを発見する。ケイトは規定に従い、予定コースを外れて船を信号弾の打ち上げられた場所に走らせるが、その場所にあったのは沈没した小型ボートの残骸で乗員、乗客の姿はどこにもなかった。次の瞬間、スザンヌ号の船体に何かが衝突し、物凄い衝撃と共に船底に穴があいた。船がみるみる沈んでいく中、ケイトは咄嗟に船を川の中央にある小さな中洲に向けて突進させた。
乗客、乗員全員が中洲に避難出来たものの、船は完全に沈没してしまい、彼らはそこで救助を待つことになる。一体何が船に穴を開けたのだろうか? その答えは彼らの想像をはるかに超えた最悪な形で明らかになり、全員を凍りつかせた。彼らの目の前で、体長7メートル以上もある巨大な人喰い生物が、水辺に立っていたエヴァレットを瞬時に水中に引き込んだのだ。さらに、彼らが立っている中洲はあと数時間もすれば満潮で水中に沈んでしまうのだった。
一人、また一人、情け容赦のない牙のえじきとなる人間たち。潮が満ち、せばまっていく島の陸地。果たして彼らに生き延びるチャンスはあるのか。貪欲な黒く巨大な影は、彼の縄張りに入り込んだすべての人間を食い尽くそうと、その動きをうかがいながら瞳を凝らし、水の中に身を潜めていた...。

原題/ROGUE
製作/2007年
公開/2012年4月14日
   アメリカ・オーストラリア映画  92分

監督・脚本/グレッグ・マクリーン

出演/ラダ・ミッチェル
    :ケイト・ライアン/女性ガイド
   マイケル・ヴァルタン
    :ピート/アメリカ人旅行ライター
   サム・ワーシントン
    :ニール/地元青年
   バリー・オットー
    :マーヴ
   ミア・ワシコウスカ
    :シェリー・スミス(アレンの娘)/観光客
   ジェフ・モレル
    :アレン・スミス/観光客
   ロバート・テイラー
    :エヴァレット/観光客
   ヘザー・ミッチェル
    :エリザベス・スミス(アレンの妻)/観光客
   キャロライン・ブレイザー
    :メアリー(エヴァレットの妻)/観光客
   ジョン・ジャラット
    :ラッセル/観光客・中年男性
   スティーヴン・カリー
    :サイモン/観光客・カメラマニア
   セリア・アイルランド
    :グウェン/観光客・中年女性

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック