TV「スマステ!!月イチゴローランキング5」アカデミー賞スペシャル

スマステ!!月イチゴロー ランキング2013.3.2
イナガキ ベスト5(第5位)
映画「ムーンライズ・キングダム」
脚本賞ノミネート


『ダージリン急行』『ファンタスティック Mr. FOX』など、そのユニークなセンスでファンを刺激し続けてきたウェス・アンダーソン監督の最新作。第65回カンヌ国際映画祭でオープニング作品とコンペティション部門に同時に選ばれるという極めて稀な事態を引き起こした話題作です。
1965年、ニューイングランド沖にある小さな島で、12歳のサムとスージーは恋に落ちた。ボーイスカウトのキャンプから脱走したサムと、両親の目をかいくぐって家出したスージーは、秘密の場所「ムーンライズ・キングダム」を目指して駆け落ち。そんなふたりを、親、警官、福祉局、ボーイスカウトの子供たち&スカウト犬のスヌーピーらが大追跡!島中を巻き込んでの「愛の逃避行」が始まる...。

画像
画像
〈ストーリー〉
1965年、アメリカのニューイングランド沖に浮かぶ全長26kmの小島、ニューベンザンス島。12歳のスージー・ビショップは、厳格でお堅い父・ウォルトと口うるさく、いつもせわしない母・ローラ、そして3人の幼い弟たちと海沿いの大きな屋敷で暮らしていた。趣味は、本を読んで自分だけの世界に浸ることと、双眼鏡での観察。スージーはその双眼鏡で、母とシャープ警部の密会を目撃してしまう。
同じ頃、ウォード隊長率いるボーイスカウトのキャンプ地では、隊員のひとりが置き手紙を残して姿を消す事件が起きていた。

1年前、サムとスージーは教会で「ノアの箱船」のお芝居が上演された時に出会った。ボーイスカウトの活動で劇を観に行ったサムと、カラス役で出演していたスージーは、わずかな言葉を交わしただけで惹かれ合い、文通を始めた。お互いにアウトサイダーであるというこのにシンバシーを感じたふたりは、1年に渡る手紙のやりとりを通して密かに駆け落ちの計画を練っていたのだった...。

草原で落ち合ったふたりは「愛の逃避行」に出る。行き先は「3.25海里 潮流口」。原住民のチックチョー族が大移動した道のりを辿ることでようやく行き着けるその場所は、サムにとって憧れの地だった。手つかずの自然が残ったその美しい入江を「ムーンライズ・キングダム」と名付けたふたりは、海に飛び込み、絵を描き、本を読み、夢を語り合い、ダンスを踊り、初めてのキスをする。

翌朝、2人がいなくなったことに気付いた大人たちはさあ大変!島で唯一の警官、シャープ警部とボーイスカウトのリーダーなのに頼りないウォード隊長は方々に連絡しふたりを探したのだ...。

公式サイト、http://moonrisekingdom.jp

原題/MOOONRISE KINGDOM
製作/2012年
公開/2013年2月8日 アメリカ映画 94分

監督・脚本/ウェス・アンダーソン
共同脚本/ロマン・コッポラ

出演/ブルース・ウィリス
    :シャープ/警察警部
   エドワード・ノートン
    :ウォード/ボーイスカウト隊長
   ビル・マーレイ
    :ウォルト・ビショップ(スージーの父)
   フランシス・マクドーマンド
    :ローラ・ビショップ(スージーの母)
   ティルダ・スウィントン
    :福祉局員
   ジェイソン・シュワルツマン
    :ベン(いとこ)/ボーイスカウト
   ボブ・バラバン
    :ナレーター
   カーラ・ヘイワード
    :スージー・ビショップ/少女
   ジャレッド・ギルマン
    :サム・シャカスキー/ボーイスカウト少年

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック