映画「藁の楯〈わらのたて〉」チラシ2

「この男を殺してください。御礼に10億円差し上げます。」
全国紙に掲載された見開きの全面広告。それは、連続殺人犯の前科のある男に愛する孫娘を殺された、財界の大物が日本国民に向けて放った復讐の号令だった。その日から、全国民の好奇心と欲望と殺意は一人の「人間のクズ」へと集中した。身の危険を感じた犯人は潜伏先の福岡で自首し、東京の警視庁まで移送されることになった。しかし、日本を縦断しての移送は、さらなる最悪の事態を引き起こすことになるのだ....。
「もし『10億円のターゲット=人間のクズ』が目の前に現れたら、あなたはどんな行動を起こすか?」。そんなクエスチョンとともに冒頭数分ですべての観客を釘づけにして、そこから誰も予想できなかった驚愕のクライマックスへと突き進んでいく...。

画像
画像
〈ストーリー〉
日本の財界を牛耳る大物・蜷川隆興の孫娘が惨殺された。容疑者は、8年前にも少女への暴行殺人を起こして逮捕され、出所したばかりの清丸国秀。全国指名手配され、警察による捜査が続くが、行方はわからないままだった...。

そんなある日、大手全国紙すべてに「この男を殺してください。御礼として10億円お支払いします。」という前代未聞の見開き全面広告が掲載された。それは、並外れた財力とコネクションと実行力を持つ蜷川の、周到に練られた復讐の始まりの合図だった。「誰の目にも明らかな『人間のクズ』を殺せば、10億円が手に入る!」と、日本中がにわかに殺気立つ。

新聞広告が掲載された直後、身の危険を感じた清丸は潜伏先から福岡県警に自首をした。清丸を東京の警視庁に移送するために選ばれたのは、警視庁警備部警護課SPから銘苅一基と白岩篤子、警視庁捜査一課から奥村武と神箸正貴、福岡県警から関谷賢示の精鋭5人。

しかし、日本を縦断する清丸の移送は、予想をはるかに超える最悪の事態を引き起こす。旅客機による空路、高速道路や新幹線による陸路、あらゆる移送手段の前に立ち塞がる清丸の命を狙う群衆。殺人の現行犯として捕まったとしても、長引く不景気に困窮する国民にとって10億円はあまりにも大きな報酬だった。警視庁までの移送距離、1,200km。送検までのタイムリミット、48時間。敵の数、1億2,000万人。ネット上では、どこから情報が漏れているのか、清丸の正確な現在位置を示すマークが点滅し続けている。

もはや警察上層部も、自分たちの周囲を取り囲む機動隊も信用できない。いつ誰がどこから襲いかかってくるかわからない極限の緊張状態の中、5人のSPと刑事の孤独な戦いが続く。しかし、本当の敵は外部からの刺客ではなく、5人の中にある理性だった。移送中に、その残忍で狡猾な本性を露にする清丸を目の当たりにして、「この男に命がけで守る価値はあるのか?」「それが本当の正義なのか?」と自問自答を続ける5人。そんな5人の苦悩をあざ笑う清丸。はたして、彼らは無事に清丸を警視庁に移送することができるのか?
やがて、物語は誰も予測できない衝撃のクライマックスを迎えることになる...。

公式サイト、http://www.waranotate.jp

製作/2013年
公開/2013年4月26日  日本映画  125分

監督/三 池 崇 史
原作/木 内 一 裕『藁の楯』
脚本/林   民 夫

出演/大 沢 たかお
    :銘苅〈めかり〉一基/警視庁警備部警護課第四係・
                         警部補
   松 嶋 菜々子
    :白岩 篤子/警視庁警備部警護課第三係・巡査部長
   藤 原 竜 也
    :清丸 国秀/連続殺人犯人
   山 崎   努
    :蜷川 隆興/元経団連会長・
               財団法人「蜷川政経塾」塾長
   岸 谷 五 朗
    :奥村  武/警視庁捜査一課一係・警部補
   伊 武 雅 刀
    :関谷 賢示/福岡県警捜査一課・巡査部長
   永 山 絢 斗
    :神箸 正貴/警視庁捜査一課・巡査部長
   本 田 博太郎
    :大木/警視庁警備部警護課係長
   余   貴美子
    :由里千賀子/女性個人タクシー運転手

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック