映画「関西ジャニーズJr.の 京都太秦〈うずまさ〉行進曲!」チラシ

大阪松竹座で、毎年3回の舞台・コンサート公演の経験を積む関西ジャニーズJr.。その活躍の場を広げ、さらなる飛躍のステップとなる映画作品への出演が決定!同じく大阪松竹座での公演を経て、今や国民的トップアイドルとなった関ジャニ∞に続く、ネクストジェネレーションが動き出す。
映画の街・京都太秦を舞台に、『釣りバカ日誌』、『ゲゲゲの鬼太郎』シリーズなどユーモアと人情味あふれる作品を手掛けてきた本木克英が監督をつとめ、夢に向かって頑張る若者たちの映画への愛情や仲間との友情を描き、笑って泣ける爽やかな青春映画にまとめあげています。

画像
画像
〈ストーリー〉
三村真人はスターを夢見る19歳。でも今はまだ、週に数回バイトで着ぐるみショーの悪役を演じるだけ。そんな状況に父・太亮はもちろん、家族みんなはすっかり呆れ顔だ。
ある日、バイト先で出会った佐山輝之進に誘われて、京都太秦にあるアクションジムに入会することになった真人。そこは殺陣などを駆使するアクション俳優の養成所だった。

しかし、駅前でのビラ撒きや「ジム伝統」の歌いながらの掃除や洗濯と、任されるのは雑用ばかり。輝之進の冷たい態度にもイライラは頂点に達し、一度は辞めようとするのだが、声をかけてくれた先輩・城崎隆起たちの言葉に思いとどまるのだった。

ジムでは、同年代の仲間と出会った。仲間思いでアニキ的存在の隆起、バイトを掛け持ちして生活費を稼ぎながらジムに通うしっかり者の牧村大志、ちょっとチャラいけどなんだか憎めない田中光太郎、いじめられていた自分を変えようと頑張る戸田克弥、演技にまじめで一生懸命の瀬戸口裕そして、少し協調性に欠けるポーカーフェイスだがジム内でピカイチの腕を誇る輝之進だ。

同じ夢を持つ仲間と、夢中になれるモノを見つけ、真人はどんどん稽古に打ち込んでいく。
そしてついに、テレビドラマへのエキストラ出演が決まる。大喜びで意気揚々と現場に入るが、撮影所独特の雰囲気に馴染めない。やる気だけが空回りして失敗を連続し監督に叱り飛ばされてしまうありさま。出演シーンも、輝之進以外は大きくカットされてしまうのだった。

すっかり打ちのめされてしまう真人たちだったが、なんと人気スター中村獅童が主役の映画「丹下左膳」への出演話が舞い込んできて...果たして彼らは夢への1歩を踏み出すことができるのだろうか...?

公式サイト、http://uzumasa-koshinkyoku.com

製作/2013年
公開/2013年3月30日  日本映画  87分

監督/本 木 克 英
脚本/大 浜 直 樹

出演/重 岡 大 毅
    :三村 真人/俳優志望青年
   桐 山 照 史
    :佐山輝之進/ジム「GAG」会員
   中 間 淳 太
    :城崎 隆起/ジム「GAG」会員
   浜 中 文 一
    :牧村 大志/ジム「GAG」会員
   小 瀧   望
    :田中光太郎/ジム「GAG」会員
   向 井 康 二
    :戸田 克弥/ジム「GAG」会員
   藤 井 流 星
    :瀬戸口 裕/ジム「GAG」会員
   渡辺 いっけい
    :三村 太亮(真人の父)
   中 村 獅 童
    :中村 獅童「丹下左膳役」/俳優

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

この記事へのコメント

しげ淳太ヨコマルエイター
2014年03月21日 18:00
あーーーやばい!!!
しげと淳太くんのキャラ好きやわ~~~(#^.^#)
特に淳太くんは!

この記事へのトラックバック