映画「シャーロック・ホームズ/シャドウゲーム」パンフ

「天才的な頭脳」に「超人的な格闘能力」がなければ、名探偵とは呼べない...!
それを証明して、世界を熱狂させた全く新しいシャーロック・ホームズの2作目にして出現した、最大のライバルを迎え撃つ、ジョン・ワトソン医師との史上最強の名コンビの前に現われた「もうひとりの天才」とは...?
ヨーロッパに危機勃発!各地で連続爆破事件が発生!飛び交う新聞の号外が真犯人を書き立てるが、真相は名探偵シャーロック・ホームズだけが知っていた。インド、中国、アメリカ、ヨーロッパと、立て続けに世界各地で起きている未解決の重大事件には、すべて共通点があった。天才ホームズの頭脳がたたき出した黒幕は、「ジェームズ・モリアーティ教授」だった。
高名な数学者にして温和な人格者であるこの男、その正体は良心のかけらもない。ホームズの言うところの「犯罪界のナポレオン」だ。彼は誰も思いつけない手口で歴史を操作し、自ら手を汚さずに民衆の命を奪い、絶大な富と権力を手に入れようとしていた。そんな悪の天才を止められるのは、ホームズしかいなかった...。

画像
画像
画像
〈ストーリー〉
ヨーロッパで連続爆破事件発生!新聞の号外がアナーキストの犯行かと書き立てるが、名探偵シャーロック・ホームズの推理は違った。アイリーン・アドラーが事件に関わっていると見たホームズは、彼女のあとを追う。アドラーはオークション会場で、高名な医師ホフマンスタールに報酬として小包を渡すが、その中身は爆弾だった。ホームズが爆弾を処理する間に、ホフマンスタールは何者かに殺され、アドラーは姿を消す。残された手掛かりは、彼女から奪った「シム」という人物宛ての手紙だけだった...。

ロンドンのベイカー街、ホームズの下宿を訪れる、ジョン・ワトソン医師。結婚を翌日に控えたワトソンは、独身最後のパーティを楽しみにしていたが、主催者のはずのホームズは、「我が探偵人生で最も重要な事件」に没頭していた。このところインド、中国、アメリカ、ヨーロッパと、世界各地で勃発している重大事件の数々は、すべて繋がっている。そして、その黒幕こそが、天才数学者で作家のジェームズ・モリアーティ教授だと言うのだ。
大学のボクシング・チャンピオンで頭脳も腕力も最高峰、さらに現首相の学友で社会的な信頼も厚い...それが彼の表の顔。裏側では、莫大な権力と富のために、世界の歴史を操作しようとしているのだ...。

原題/SHERLOCK HOLMES: A GAME OF SHADOWS
製作/2011年
公開/2012年3月10日  アメリカ映画  129分

監督/ガイ・リッチー
原作/アーサー・コナン・ドイル
脚本/ミシェル・マローニー
   キーラン・マローニー

出演/ロバート・ダウニー・ジュニア
    :シャーロック・ホームズ/探偵
   ジュード・ロウ
    :ジョン・ワトソン(ホームズの相棒)/医師
   ノミオ・ラパス
    :シム/ジプシー(占い師)の女
   ジャレッド・ハリス
    :ジェームズ・モリアーティ教授/数学者・作家
   レイチェル・マクアダムス
    :アイリーン・アドラー
   スティーヴン・フライ
    :マイクロフト・ホームズ(シャーロックの兄)
   エディ・マーサン
    :レストレード/ロンドン警視庁・警部
   ケリー・ライリー
    :メアリー(ワトソンの妻)

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック