映画「サヨナライツカ SAYONARA ITSUKA」パンフ

人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと、愛したことを思い出すヒトとにわかれる。
私はきっと愛したことを思い出す...。

本作を貫くこの問いかけは、1975年から現代へと時代を移すと、さらに激しく観客の心を突き刺さる。ただ愛されることが幸せと思っていた沓子〈とうこ〉は、豊と出会うことで愛することを知り、何があっても愛し続けることを決める。仕事への野望や野心を大事にするばからに愛することに気づかない豊は、25年後、自分の本当の気持ちに気づかされる。夫となる人を愛し献身的に尽くし続ける光子は、情熱よりも強い理性で最後まで自分の愛を貫くのだ。
誰にもおとずれる、人生の岐路での究極の選択。観客は、沓子、豊、光子の言葉や行動に過去の記憶や体験を呼び覚まされ、心を揺さぶられ、そのせつなさに感動を覚えていきます。もう少し早く出会っていれば? もしあの時、違う路を選んでいたら? あの一言を伝えていたら? 数十年後に再会したふたりはいったい? そして、最後に自分に問いかける。自分だったら、死ぬ前に愛されたことを思い出すのか、それとも愛したことを思い出すのか...。

画像
画像
画像
画像
〈ストーリー〉
1975年のタイ・バンコク。「イースタンエアラインズ社」の若きエリート、東垣内〈ひがしがいとう〉豊は、美しく貞淑な婚約者、尋末〈たずすえ〉光子を東京に残したまま、バンコク支社に赴任してきた。端整な容姿と優しい性格の彼は、バンコクでも「好青年」と呼ばれ、上司の桜田の信頼も厚く、同僚の木下からも慕われ、日本人会の女性の人気も独占していた。
ある日、彼の婚約を祝う仲間内の酒宴に、その女は現れた。艶やかな美貌と息を飲むような官能的な魅力を漂わせる彼女に、男たちの視線は釘付けになった。彼女は真中沓子〈とうこ〉といい、席に着くなり豊をじっと見つめた...。

出会いから数日後、沓子は予告もなく豊のアパートを訪ねて来た。言葉も惜しむように体を重ねるふたり。豊は自分を待つ光子の姿が脳裏によぎりながらも、沓子には逆らえなかった。そして、沓子が住まいとする高級ホテル「ザ・オリエンタルバンコク」のサマーセットモームスイートで、ふたりの愛欲の日々が始まった。高級スイートに暮らし、高級レストランで食事をし、ブランド物を好きなだけ買う。若い女性が何故、こんな贅沢な暮らしができるのか?どんな過去を経てここにいるのか?謎めいた沓子は不思議な魅力を放ち、豊はただ彼女に惹かれるばかりだった...。

バンコクでの結婚式の準備のために決まって毎晩8時に電話をかけてくる婚約者の光子が、ふと豊に訪ねる。
「あなたは死ぬ前に、愛したことを思い出しますか、それとも愛されたことを思い出しますか。...私は、愛したことを思い出すでしょう...」。
光子はただ豊だけを信じて東京で待っている。だが沓子との関係を断ち切ろうとすればするほど、沓子への執着が募るばかりの豊。初めは人目を忍んでいた逢瀬も、次第に大胆になっていく、水上マーケット、繁華街、デパートでのショッピングで、沓子は堂々と腕をからめ、周りに見せびらかすようにふるまっていく。狭い日本人社会で噂が広がるのに時間はかからなかった。上司の忠告や同僚の苦言を背に受けながら、約束された未来と目の前の欲望との間で、豊の心は揺れた。沓子はそんな豊の姿にいつしか苛立ちを覚えていく。

豊と光子の結婚式の日は刻々と迫っていた。出会ったときはただ欲望に流されていたふたりだったが、別れの日が近づくにつれ葛藤は深まっていく。今まで恋愛を遊びのように楽しんできた沓子も、豊かに対する思いが本心であると、「愛すること」こそが本当の愛だと気づいていた。かなわない恋、それでも豊を愛し続けよう。遂に沓子は、自分がバンコクを去ることを決心する。沓子が去る日、ふたりは空港で最後のキスを交わす...。

25年後。豊は「イースタンエアラインズ」の副社長になっていた。妻との間には二人の息子がおり、まさにかつて想い描いていたとおりの人生を歩いている。そんなある日、豊は会社の将来を決める重要な商談でバンコクに出張することになった。宿泊は「ザ・オリエンタルバンコク」。去来する思い出を胸にそのロビーに足を踏み入れた豊の前に現われたのは...。

製作/2009年
公開/2010年1月23日  韓国映画  134分

監督・脚本/イ・ジェハン
原作/辻   仁 成『サヨナライツカ』
脚本/イ・シノ
   イ・マニ

出演/中 山 美 穂
    :真中 沓子〈とうこ〉/バンコクに住む謎の女性
   西 島 秀 俊
    :東垣内〈ひがしがいとう〉豊/
      航空会社「イースタンエアラインズ」
                   バンコク支社社員
   石 田 ゆり子
    :尋末〈たずすえ〉光子(東垣内豊の婚約者)
   加 藤 雅 也
    :桜田善次郎(東垣内豊の上司)/
      航空会社「イースタンエアラインズ」
                   バンコク支社幹部
   マギー
    :木下 恒久(東垣内豊の同僚)/
      航空会社「イースタンエアラインズ」
                   バンコク支社社員
   スパコン・ギッスワーン
    :ステープ(東垣内豊の友人)
   川 島 なお美
    :山田/夫人
   松 原 智恵子
    :安西 順子(尋末光子の叔母)
   須 永   慶
    :安西 康道(尋末光子の叔父)
   日 高 光 啓
    :東垣内 健(豊の長男)《25年後》
   西 島 隆 弘
    :東垣内 剛(豊の次男)《25年後》

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック