映画「終戦のエンペラー」チラシ2

1945年8月30日、終戦直後の日本にマッカーサー元帥率いる「連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)」が上陸。マッカーサーは部下のボナー・フェラーズに、ある極秘調査を命じる。この戦争の真の意味での責任者は、いったい誰なのか...?
すべてを失った日本の新たなる礎は、いかにして築かれたのか...。
監督は、『真珠の耳飾りの少女』のピーター・ウェーバー。撮影は『ピアノ・レッスン』でアカデミー賞にノミネートされたスチュアート・ドライバーグ、徹底的なリサーチで作られた衣装は『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』で同賞を受賞したナイラ・ディクソン、大使館や皇居を史実に基いて再現した美術は、やはり同作で同賞を獲得したグラント・メイジャーと、一流スタッフが顔を揃えた。
実話をもとに、日本の再建というテーマを深く伝えるためのフィクションを織り交ぜた企画を立ち上げたのは、日本人女性プロデューサー・奈良橋陽子(『SAYURI』『バベル』『ラスト サムライ』キャスティング)と野村祐人・親子。ハリウッドが世界に贈る、歴史サスペンス超大作です。

画像
画像
〈ストーリー〉
1945年8月、日本が連合国に降伏し、第二次世界大戦は終結した。まもなく、マッカーサー元帥率いる「連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)」が上陸。日本は米軍の占領統治を経たのち、再び息を吹き返した。誰もが知っている、歴史の1ページである。
だが、そこには、1ページではとても語り尽くせない、驚きの真実が秘められていた。すべては、マッカーサーが部下のボナー・フェラーズ准将に命じた、ある極秘調査から始まった。この戦争の真の意味での責任者を探せ...。
それは日本文化を愛するフェラーズにさえ、危険で困難な任務だった。やがて、連合国、マッカーサー、フェラーズ、そして日本の元要人たちの思惑が激しく交錯するなか、謎がひとつひとつ解き明かされていく...。
なぜ、開戦直前に首相が交代したのか?
パールハーバー直前の御前会議で語られたこととは?
戦争を始めたのは本当は誰なのか、終わらせたのは誰か?
玉音放送前夜のクーデターとは?
その放送に込められた天皇の想いは?
連合国側の本音と、マッカーサーの真の狙いは?
マッカーサーと天皇が並ぶ写真が写された理由とは?
そして、崩壊した日本の新たなる礎は、いかにして築かれたのか...?
日本の運命を決定づけた知られざる物語が今、始まる...。

公式サイト、http://emperor-movie.jp

原題/EMPEROR
製作/2012年
公開/2013年7月27日  アメリカ映画  107分

監督/ピーター・ウェーバー
原作/岡 本 嗣 郎『陛下をお救いなさいまし』
脚本/デヴィッド・クラス
   ヴェラ・ブラシ

出演/マシュー・フォックス
    :ボナー・フェラーズ(マッカーサーの軍事秘書官)/
                     アメリカ陸軍准将
   トミー・リー・ジョーンズ
    :ダグラス・マッカーサー/アメリカ陸軍元帥・
                      GHQ最高責任者
   初 音 映莉子
    :アヤ(鹿島大将の姪)
   西 田 敏 行
    :鹿島/日本陸軍大将・駐在武官
   羽 田 昌 義
    :高橋(フェラーズの専属通訳)
   火 野 正 平
    :東條 英機/日本陸軍軍人・
                日本国首相《対米英開戦期》
   中 村 雅 俊
    :近衛 文磨/日本国首相《日中戦争期》
   夏八木   勲
    :関屋貞三郎/宮内次官
   桃 井 かおり
    :(鹿島の妻)
   伊 武 雅 刀
    :木戸 幸一/日本国内大臣
   片 岡 孝太郎
    :裕仁〈ひろひと〉「昭和天皇」/第124代天皇
   コリン・モイ
    :リクター(マッカーサーの部下)/アメリカ陸軍少将

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック