映画「31年目の夫婦げんか」チラシ

『プラダを着た悪魔』のデヴィッド・フランケル監督の最新作は、誰もが心当たりがあるけれど、なかなか他人には相談できない悩みや迷いにズバリ焦点を当て、人生の醍醐味を鮮やかに描き出す。結婚31年目にして、セラピーに振り回される夫婦の姿に笑いがこみ上げ、やがて2人が口にする切実な想いに心を揺さぶられる感動の物語です。
代わり映えのしない毎日を送っていたケイは、もういちど人生を輝かせるために、夫婦の関係を見つめ直そうと決意。夫のアーノルドに黙って、1週間の滞在型カウンセリングを予約し、無理やり夫を飛行機に乗せる。だが2人を待っていたのは、予想もしなかった<試練>が満載の、驚きのセラピーだった!初めて感情をさらけ出すケイ、次第に本心を打ち明け始めるアーノルド...果たして2人が見つけ出した答えとは...?

画像
画像
〈ストーリー〉
深呼吸をして、夫のアーノルドの寝室を<訪ねる>ケイ。覚悟を決めて今夜は一緒に寝たいと伝えるが、「今日は気分が悪い」と拒絶されてしまう。
結婚31年目、毎日同じ朝食を食べ、同じ時間に帰宅し、同じ会話を交わし、同じゴルフ番組を見るアーノルド。子供たちは独立し、2人にはもはやけんかの種さえ見つからない。
夫婦の関係を見直したい、そう思い立ったケイは結婚生活のカウンセリング本を購入。夢中で読み終えると、著者のバーナード・フェルド医師のホームページにアクセスする。
朝食の席でアーノルドに「カップル集中カウンセリング」を受けたいと告げるケイ。1週間4000ドルという料金に目をむいたアーノルドがもっと驚いたのは、定期預金を解約して既に申し込んだというケイの意外な行動だった。「俺は行かない」と突っぱねたアーノルドだが、結局は渋々飛行機に乗る。行く先は、メーン州のグレート・ホープ・スプリングス。海辺の小さな町だった。

いよいよ、カウンセリング初日。「お会いできて...」と切り出すフェルド医師に、「俺はうれしくない」と返すアーノルド。フェルドはケイにここに来た理由を尋ねる。「結婚したいんです。もう一度」。ただ同じ家に住んでいるだけで、触れ合いも絆もないと訴えるケイに、「まず長年の夫婦生活でできた傷痕を取り除くところから始めましょう」と勿体ぶった口調で語るフェルド。終了後、アーノルドは「ペテン師!ちゃんとあの野郎の経歴は調べたのか?」と不平不満をまくしたてる始末だった...。

公式サイト、http://31years.gaga.ne.jp

原題/HOPE SPRINGS
製作/2012年
公開/2013年7月26日  アメリカ映画  100分

監督/デヴィッド・フランケル
脚本/ヴァネッサ・テイラー

出演/メリル・ストリープ
    :ケイ/結婚31年目の夫婦
   トミー・リー・ジョーンズ
    :アーノルド(ケイの夫)
   スティーヴ・カレル
    :バーナード・フェルド/心理カウンセリング医師

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック