映画「ワイルド・スピード MEGA MAX」パンフ

全米ではサマーシーズンの先陣を切って公開され、3日間で8619万ドルという驚異のオープニング興収をマークした。これはシリーズ最高で『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ、『ジュラシック・パーク』シリーズ、『E.T.』など、ユニバーサル・ピクチャーズの歴史を14年ぶりに塗り替える、史上最高のオープニング記録になりました。
囚人護送者のクラッシュを皮切りに、疾走する列車からの高級車強奪、いつものストリートレース、そして巨大金庫を引きずってのパトカー軍団との爆裂チェイス。スピードに重量感も加わったアクションは目に見える進化を遂げています。
さらに嬉しいのは、これまでのシリーズを総括するキャスティング。そしてもちろん、もうひとつの主役=カスタムカーのラインナップもゴージャスで、ダッジ・チャージャー、スカイラインGT-R、フォードGT40など、マッスルカーから高級ビンテージカーまで、マニア必見の名車が惜しみなく登場します。

画像
画像
〈ストーリー〉
強盗団のカリスマ的なリーダー、ドミニク・トレットと元FBI捜査官、ブライアン・オコナーは共に凄腕のドライバーで、かつては敵同士だったが、ドミニクの妹・ミアとブライアンのロマンスも手伝い、今や家族のような絆で結ばれていた。
ブライアンとミアは護送車を襲撃し、懲役刑を受けたドミニクを脱獄させると、そろってアメリカから高飛びする。

彼ら3人の潜伏先はブラジルのリオ・デ・ジャネイロのスラム街。ドミニクの旧知の悪友に誘われ、「仕事」を引き受けた彼らは、麻薬取締局が押収した高級車を貨物列車から盗むという計画に着手する。ところが、何者かの裏切りでドミニクとブライアンは襲撃される。その理由は、奪った車に隠されていたマイクロチップだった。それにはリオの裏社会を牛耳る実業家・レイエスの汚れた金の流れがすべて記録されていたのだ。ドミニクはこれを利用してレイエスから1億ドルをせしめようと計画。成功したら、自由に生きるために永久に姿を消せるのだ...。

そんなドミニクたちの前に難敵が立ちはだかる。アメリカから彼を追ってきたFBI特別捜査官ルーク・ホブス。切れ者の彼は、現地警察でただひとりレイエスから賄賂を受け取っていない女性警官・エレナを案内役に採用し、何度となくドミニクの隠れ家を急襲する。
一方、不穏な動きを察知したレイエスは、意外な場所を大金の保管庫に指定する。その場所は、警察署だった。警官たちはすべてレイエスの息がかかっており、いざとなれば銃を抜く。スネに傷を持つ悪党が、うかつに近づけない安全な場所だったのだ...。

原題/FAST & FURIOUS FIVE
製作/2011年
公開/2011年10月1日(先行上映/9月23・24・25日)
   アメリカ映画  130分

監督/ジャスティン・リン
脚本/クリス・モーガン

出演/ヴィン・ディーゼル
    :ドミニク・トレット/指名手配犯・強盗団リーダー
   ポール・ウォーカー
    :ブライアン・オコナー/元(FBI)捜査官・強盗団
   ドウェイン・ジョンソン「ザ・ロック」
    :ルーク・ホブス/(FBI)特別捜査官
   ジョーダナ・ブリュースター
    :ミア・トレット(ドミニクの妹/ブライアンの恋人)
   タイリース・ギブソン
    :ローマン・ピアース(ブライアン旧友)
   クリス「リュダクリス」・ブリッジス
    :テズ/ストリートレースプロモーター・メカニック
   マット・シュルツ
    :ヴィンセント「ヴィンス」/ストリート・レーサー
   サン・カン
    :ハン(ドミニクの親友)/冷静沈着なドライバー
   ガル・ギャドット
    :ジゼル(ドミニクの仲間)
   テゴ・カルデロン
    :レオ/何でも屋
   ドン・オマール
    :サントス(ドミニクの仲間)
   エルサ・バタキー
    :エレナ(ホブスの助手)/リオ・
               デ・ジャネイロ警察女性警官
   ヨアキム・デ・アルメイダ
    :レイエス/裏社会実業家

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック