映画「ウルヴァリン:SAMURAI」チラシ3

未知なる「SAMURAIの国」で、不死の男が初めて直面する「死」の恐怖。ウルヴァリンは日本で散るのか...?
『ウルヴァリン:SAMURAI』の日本ロケは、2012年の8月下旬から9月にかけて行われた。そのうち最も大規模だったのは、東京都港区の増上寺を借り切った矢志田一郎の葬儀シーンだった。ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラらの主要キャストに加え、スタッフとエキストラ合わせて約400人が参加。猛暑の中、葬儀に参列したウルヴァリンらが組織の襲撃を受けるアクション・シーンが撮影された。さらに東京では新宿駅、秋葉原のパチンコ店、上野駅が、ウルヴァリンとマリコの逃走シーンのロケ地となった。
そして東京の撮影を終えた一行は、広島県福山市に移動。『崖の上のポニョ』のモデルになった鞆の浦〈とものうら〉に滞在し、ウルヴァリンとマリコが海辺を散策するシーンなどが撮影されました。

画像
画像
〈ストーリー〉
カナダで隠遁生活を送っていたウルヴァリンが、かつて命を救った旧友、大物実業家の矢志田に請われて日本を訪れた。
しかし東京での再会後まもなく、病魔に冒された矢志田は死亡。その葬儀に参列したウルヴァリンは、組織に襲われた矢志田の美しい孫娘マリコを救い、逃避行のさなかに恋に落ちる。
しかし何者かの罠にはまって治癒能力を失ったウルヴァリンは、心身に凄まじいダメージを負い、初めて「限りある命」を意識することに。
拉致されたマリコの救出に向かった満身創痍のウルヴァリンは、遂に日本でその命を落とすのか...?

公式サイト、http://www.foxmovies.jp/wolverine-samurai/index.html

原題/WOLVERINE: SAMURAI
製作/2013年
公開/2013年9月13日  アメリカ映画  126分 

監督/ジェームズ・マンゴールド
脚本/マーク・ボンバック
   スコット・フランク
   クリストファー・マックァリー

出演/ヒュー・ジャックマン
    :ローガン「ウルヴァリン」/ミュータント
   真 田 広 之
    :矢志田信玄「シンゲン」
   TAO
    :矢志田真理子「マリコ」(矢志田一郎の孫娘)
   福 島 リ ラ
    :雪緒「ユキオ」
   ハル・ヤマノウチ
    :矢志田一郎(ローガンの旧友)/大物実業家
   ウィル・ユン・リー
    :ノブロー・モリ
   スヴェトラーナ・コドチェンコワ
    :ヴァイパー

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック