映画「アウトサイダー」パンフ

1980年代当時、全米から世界中へ「Y・A」という大ブームが巻き起こっていた。小説の分野が発端で音楽、ファッション...と大きく広がり、遂に映画となって大爆発を起こした。「Y・A」とはヤング・アダルトの略で、甘い絵空事の世界ではなく、現代社会がかかえる矛盾、苦しみの中で自分たちが抱くナマのビターな情感をストレートに表現しようとする若者たちであった。
原作はスーザン・E・ヒントンが10代の時に執筆したもので、発行後たちまちベストセラーとなり、1,000万部を超え、ハイ・スクールの教科書にも使われた名作です。

画像
画像
画像
画像
〈ストーリー〉
オクラホマ州タルサ。この町は、貧しいが明るく生きている「グリース」たちの住むイーストサイドと、裕福層の「ソッシュ」(上流社会=ソーシャルズの略)たちのウエストサイドに二分されている。
「グリース」は髪が長く、黒の革ジャン、Tシャツにブルージーンズ。「ソッシュ」は、ホワイトソックスをのぞかせた短めのコットンパンツをはき、スポーツカーを乗りまわしている。両者は、一見してすぐに区別でき、それぞれの縄張り争いで、ことあるごとに衝突し小競り合いを繰り返していた。

「グリース」のひとり、ポニーボーイはまだ14才。両親を亡くし、長兄・ダリーが親代わりになって次兄・ソーダポップとポニーボーイを養っていた。ポニーボーイは年上のジョニーと親友でリーダー格のダラスといつもいっしょにつるんでいた。
その日の夜も、3人でドライブイン劇場に映画を観に行く。当然、車のない彼らは裏手の金網から潜り込み、後部の一般席に陣取った。するとすぐ前に明らかに「ソッシュ」と分かる女の子が観ている。チェリーとマーシャである。
いつものように、ダラスは2人の女の子をからかい始めた。隣で見ていられなくなって、とうとうジョニーが間に入った。すると「『グリース』にもいい人がいるのね、ありがとう」とチェリーに礼をいわれ、ジョニーたちは女の子とも互いに親しみを感じ始めた。しかし、チェリーは「ソッシュ」のリーダー、ボブのガールフレンドだった。
映画が終わり、彼女たちを送っていくことになった。ポニーボーイは美人のチェリーを好きになってしまいそうだった。だがそのうちチェリーはあの無礼なダラスに強く惹かれているのに気付く。
「あの人には二度と会いたくないわ。付き合うと好きになってしまいそうだから...」
とのチェリーの言葉にポニーボーイの淡い恋心は水の泡の如く消えてしまった。
そこに酒に酔ったボブたちが現われた。殴り合いの一歩手前でチェリーが制する。別れ際にポニーボーイに言う。
「あなたちはいい人ね、でも学校で逢って知らんぷりしているけど気を悪くしないでね...」
所詮、階層が違うのだ。ポニーボーイの気持ちを察してジョニーも黙っていた...。

家に着くと午前2時を過ぎていた。心配していた兄・ダリーのパンチが、ポニーボーイにとぶ。ダリーも「グリース」だが、家では家長として責任感があった。しかし、そんな兄の気持ちも分かるはずがないポニーボーイは、自分は嫌われていると思い、家を飛び出してしまう。
まだ近くにいたジョニーと合流し、事情を話すポニーボーイ。二人は寝静まった寒い街を黙ってさまよい歩くのだった。そこへ、1台のムスタングが通りかかる。アルコールで酔った「ソッシュ」たちだ。グループの女に手を出したとケンカになる。でも相手は数人、しかも年上ばかりで二人は叩きのめされてしまう。なお執拗にポニーボーイがやられているの見たジョニーは、隠し持っていたジャック・ナイフを握りしめ、ボブにとびかかった。気が付くと「ソッシュ」たちは誰もいず。ボブが倒れていた。
正当防衛が逆に殺人を犯してしまったのだ。ポニーボーイとジョニーは途方にくれ、ダラスに相談に行くのだった...。

原題/THE OUTSIDERS
製作/1983年
公開/1983年8月27日  アメリカ映画  93分

監督/フランシス・フォード・コッポラ
原作/スーザン・E・ヒントン『アウトサイダー』
脚本/キャスリーン・クヌートセン・ローウェル

出演/C・トーマス・ハウエル
    :ポニーボーイ・カーチス(カーチス兄弟の三男)/
            少年グループ「グリース」メンバー
   ロブ・ロウ
    :ソーダポップ・カーチス(カーチス兄弟の次男)/
              ガソリンスタンド・アルバイト
   パトリック・スウェイジ
    :ダリー・カーチス(カーチス兄弟の長男)/
            少年グループ「グリース」リーダー
   マット・ディロン
    :ダラス/少年グループ「グリース」メンバー
   ラルフ・マッチオ
    :ジョニー(ポニーボーイの親友)/
            少年グループ「グリース」メンバー
   エミリオ・エステヴェス
    :ツービット(ポニーボーイの友達)
   ダイアン・レイン
    :チェリー(ボブのガールフレンド)/
            少年グループ「ソッシュ」メンバー
   レイフ・ギャレット
    :ボブ/少年グループ「ソッシュ」リーダー
   トム・クルーズ
    :スティーブ(ソーダポップの親友)
   トム・ウェイツ
    :バック

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック