映画「ブロークン シティ」チラシ

最新のカルチャーやエンターテインメントの発信地にして、国際政治と経済の行方を決めるメガシティ、「ニューヨーク」。まさに世界の中心であるこの街の、知られざる〈凶暴な素顔〉を容赦なく暴き出す、クライムサスペンス!
汚れた街の象徴である大物政治家を演じるのは、アカデミー賞俳優ラッセル・クロウ。腐敗した巨大権力に、たった一人で闘いを挑む元警察官には、2度のアカデミー賞ノミネートを誇るマーク・ウォールバーグ。役者という天命を生き抜く二人の個性派俳優が、ついに激突を果たす。凄絶な勝負のカギを握る女には、アカデミー賞女優キャサリン・ゼタ=ジョーンズがラッセル・クロウ演じるニューヨーク市長の妻役で熱演しています。

画像
画像
〈ストーリー〉
7年前に警察官を辞職したビリー・タガートは私立探偵を開業し、危険だが金にならない仕事に追われていた。ニューヨークの街が8日後の市長選に沸くなか、ビリーは現市長のホステラーに呼び出され、妻・キャサリンの浮気調査を依頼される。ビリーと市長は、ビリーの辞職の原因となった、ある殺人事件の秘密を共有していた。
浮気相手を探り出し、愕然とするビリー。それは対立候補・ヴァリアントの右腕、アンドリュースだった。調査を終えた数日後、アンドリュースが路上で何者かに射殺される。ホステラーの陰謀に利用されたことに気付き、正義だけを武器に立ち上がるビリー。果たして勝ち目ゼロの復讐の行方は...?

公式サイト、http://brokencity.jp/

原題/BROKEN CITY
製作/2012年
公開/2013年10月19日  アメリカ映画  109分

監督/アレン・ヒューズ
脚本/ブライアン・タッカー

出演/マーク・ウォールバーグ
    :ビリー・タガート/元警察官・私立探偵
   ラッセル・クロウ
    :ニコラス・ホステラー/ニューヨーク市長
   キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
    :キャサリン・ホステラー(ニコラスの妻)
   ジェフリー・ライト
    :コリン・フェアバンクス
   バリー・ペッパー
    :ジャック・ヴァリアント/ニューヨーク市長選候補
   カイル・チャンドラー
    :ポール・アンドリュース(ヴァリアントの右腕)
   ナタリー・マルティネス
    :ナタリー・バレア

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック