映画「47RONIN フォーティーセブン・ローニン」チラシ3

緑豊かな赤穂の国。大石率いるサムライたちは、吉良と謎の女・ミヅキの陰謀により、尊敬する主君とサムライの身分を奪われる。
次に吉良の毒牙が狙ったのは、姫のミカ。そのとき、大石とともに立ち上がったのは、素性不明の異端の男・カイだった。圧倒的な敵軍に対し、味方はわずか47人。決死の戦いに臨む「RONIN」たちは果たして主君の仇を討てるのか。
そしてカイは、愛するミカを守りぬけるのか...?
監督を務めるのは、今作がハリウッド映画初監督ながら、カンヌ広告祭などで数多くの賞を受賞し、CM業界ではその名を知らぬ者はいない気鋭のビジュアリスト、カール・リンシュです。

画像
画像
〈ストーリー〉
かつて鎖国時代の日本は海の外の国々にとって神秘の地だった。
競い合う藩主たちの頂点に君臨するのは絶対君主の徳川将軍。藩の秩序を守るのは、刀に生きる侍たち。主君と藩を守ることが彼らの使命だった。
主君を失ったり忠義に欠けるとされた侍は恥にまみれ、「浪人」の身に落ちた。
だが、この47人の物語こそ、真の侍の魂を知る物語である...。

時代は徳川綱吉が将軍職にあった日本。鎖国で海外と隔絶されていた当時、魑魅魍魎の跋扈していた諸国も、武家の支配の下、一応の安寧を保っていた。そんな諸国のひとつに、名君・浅野内匠頭を領主とする播州赤穂があり、一方で吉良上野介は、密かに赤穂を併呑する野望を持ち、側室の座に納まっている謎の女、ミヅキと共に、ゆくゆくは徳川家をも滅ぼして天下を取ろうとまで目論んでいた。
カイは、少年の頃、どこからとも知れず赤穂に流れてきた異端児で、命さえ危ないところを、領主浅野の温情で助けられ、浅野の娘・ミカにも愛されて、郊外の小屋でひとり暮らしを続けながら、大人に育っていた。以来、カイには、浅野父娘のためなら命に替えても、その恩と愛に報いたいという気持ちが根付いていたのだ。

しかし、綱吉が赤穂を訪れていたある夜、城内でミヅキに妖術をかけられ我を失った浅野は、寝所の吉良に切りかかって疵を負わせるという事件を起こし、綱吉にその現場を目撃されてしまう。
これに怒った綱吉は浅野に切腹を命じ浅野家は取り潰され、一連の出来事を吉良の謀略と不信に思っていた家老・大石内蔵助始め家臣たちは禄を失い浪人へと身を落とす。赤穂は吉良の領地となり、ミカは1年の喪明けに吉良と婚儀を約束させられる。その場での復讐をと猛り立つ家臣たちを、今はその時期ではないと抑えた大石は吉良によって地下牢に押し込められ、家臣たちは所払いを言い渡され四散、そしてカイは、出島のオランダ人に奴隷として売られてしまうのだった...。

公式サイト、http://47ronin.jp/#top

原題/47RONIN
製作/2013年
公開/2013年12月6日  アメリカ映画  121分

監督/カール・リンシュ
脚本/クリス・モーガン

出演/キアヌ・リーブス
    :カイ/異端の浪人
   真 田 広 之
    :大石内蔵助/浅野家家老
   浅 野 忠 信
    :吉良上野介/天下を狙う暴君
   菊 地 凛 子
    :ミヅキ(上野介の側室)/吉良家の謎の妖女
   柴 咲 コ ウ
    :ミカ(内匠頭の娘)/浅野家姫君
   赤 西   仁
    :大石 主税(内蔵助の息子)
   田 中   泯
    :浅野内匠頭/赤穂藩主
   國 元 なつき
    :りく(内蔵助の妻)
   ケイリー=ヒロユキ・タガワ
    :徳川 綱吉/将軍

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック