映画「ピンポン」パンフ

あふれ返る創造力と独自の世界観で、読むものを魅了する天才漫画家・松本大洋の最高傑作との呼び声が高い「ピンポン」の完全映画化。主人公はまるで太陽と月のように対照的な2人の高校生、ペコとスマイル。そして、その前に立ちはだかるライバルたち。これまで見たこともない激しい卓球シーンもさる事ながら、若き日に誰もが感じた憧れや妬み、挑戦と挫折、夢と現実がひとつになって、それぞれのキャラクターに血を通わせていく。原作も持つ新鮮さをそのままに、映画は圧倒的な高揚感をもって、クライマックスへと駆け上がっていきます。

画像
画像
〈ストーリー〉
「この星の1等賞になりたいの、卓球で俺はっ!!」と、卓球をこよなく愛し、勝つことへの絶対的な自信を持ちながら、天真爛漫で気分屋のペコこと星野裕。一方、「卓球は死ぬまでの暇つぶし」と公言し、チームメイトから疎ましがられるまでにクールで、他人を寄せ付けないスマイルこと月本誠。太陽と月のようにまるっきり対照的な性格の二人は幼なじみ。ペコの誘いで小さい頃から近所にある卓球場「タムラ」に通っていた。現在は共に「片瀬高等学校」に通い、卓球部に属してはいるものの、かつての名門校も今では弱小校と化してしまい、二人は1年でレギュラーだが練習にはまともに参加していない。ペコは「タムラ」に来る素人を相手に賭け試合をふっかけては小遣い稼ぎ、スマイルはその側で黙々とルービックキューブをやる、そんな毎日が続いていた。

ペコとスマイル。二人が対戦すると、いつでもペコが優位に立つ。中国から「辻堂学院高校」に留学してきたチャイナこと孔〈コン〉文革〈ウェンガ〉は、スマイルが優れたカットマンであることをすぐさま見抜き、同じく「片瀬高等学校」卓球部の顧問・小泉丈も、ペコではなく、スマイルの才能に目をつける。小泉はかつて「バタフライジョー」の異名を持ち、日本代表も間違いなしと言われていたが、世界選手権最終予選で幼なじみと対戦した時、怪我をしていた相手に同情し、故意に負けてしまうという苦い過去を持っていた。まるで自分の果たせなかった夢をスマイルに託すかのように、執拗に指導しようとする小泉。しかし、才能の有無に関わらず、卓球に熱くなるをこと避けてきたスマイルは、そんな小泉を拒絶する。そこで小泉は、インターハイ予選でチャイナに勝てばスマイルを自由にし、負ければ絶対服従の「犬」となり、小泉の用意した特訓を受けるという賭けを持ちかける。チャイナは以前、中国ナショナルリーグ、上海インタージュニアに属す、いわば卓球のエリートであったが、代表を落ち、日本で再起をかけにやってきていた。接戦の末、そんなチャイナの心情を察したスマイルは小泉の予想通り負けてしまい、やむなく特訓を受けることになる。一方、スマイルの才能に気付き、焦りが見えるペコはといえば、卓球の名門「海王学園高校」に通うタムラ時代からの幼なじみ、アクマこと佐久間学に惨敗し、すっかり自信をなくしてしまう。そうしてインターハイは、海王学園高校」の主将・ドラゴンこと風間竜一の前年に引き続く優勝で幕を閉じ、最初の夏は終りを告げたのだった...。

製作/2002年
公開/2002年7月20日  日本映画  114分

監督/曽 利 文 彦
原作/松 本 大 洋『ピンポン』
脚本/宮 藤 官九郎

出演/窪 塚 洋 介
    :星野  裕「ペコ」/「片瀬高等学校」
                    生徒・卓球部員
   ARATA
    :月本  誠「スマイル」(ペコの幼なじみ)/
            「片瀬高等学校」生徒・卓球部員
   サム・リー
    :孔〈コン〉文革〈ウェンガ〉「チャイナ」/
                「辻堂学院高校」留学生
   中 村 獅 童
    :風間 竜一「ドラゴン」/「海王学園高校」
                   生徒・卓球部主将
   大 倉 孝 二
    :佐久間 学「アクマ」(ペコの幼なじみ)/
            「海王学園高校」生徒・卓球部員
   竹 中 直 人
    :小泉  丈「バタフライジョー」/
               片瀬高等学校」卓球部顧問
   夏 木 マ リ
    :田村「オババ」/卓球場「タムラ」女主人
   松 尾 スズキ
    :「橋の上の巡査」/警察巡査
   荒 川 良 々
    :大田「キャプテン」/「片瀬高等学校」
                   生徒・卓球部主将
   近 藤 公 園
    :多胡
   平 野 貴 大
    :五味
   翁   華 栄
    :(孔のコーチ)/「辻堂学院高校」卓球部コーチ
   末 満 健 一
    :真田
   三 輪 明日美
    :「ムー子」

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック