映画「HANA-BI」パンフ

『HANA-BI』は英語の〈FIRE WORKS〉ではなく、〈FLOWER FIRE〉であることに注目。FLOWERは「生」の、そして銃撃を意味するFIREは「死」のダブル・ミーニングです。
ビートたけし演じる主人公、西刑事の同僚、堀部は、「生」への闘いの象徴的な人物設定。前作『キッズ・リターン』で若者たちを通して「生」のテーマを映像化させたが、今度は堀部が「生」へのベクトルを担う。堀部が花の絵を描き続けることで「生き続ける」決意をしていく。
主人公で元刑事の西が引き受けるのは自分の人生。彼は愛する者の生も死も、すべてをひっくるめて引き受ける。そんな男を信じて、自分をゆだねることを決めた女...ラスト・シーンの「たったふたことのセルフ」が心に刻みつけられます。

画像
画像
〈ストーリー〉
「堀部さんが撃たれました!」
診察室に駆け込んできた中村刑事の報告を聞き、現場へ急ぎながら。西佳敬はいいようのない怒りに駆られていた。その日、西は相棒の堀部の好意に甘え、張り込みを彼に任せて妻の病院に見舞っていたのだ。
数ヶ月前に可愛い盛りのこどもを喪ってから、妻は体調を壊して入院した。しかし、会っても話すことは何もない。西にしても子を喪ったショックは十分癒えているわけではなかった。追い討ちをかけられるように西は妻の病状を知った。妻の体は不治の病に冒され、末期の症状だという...。

地下街で犯人を見つけて組み伏せたものの、田中刑事と中村刑事が銃弾に倒れ、気がついたら西は犯人に最後の弾丸まで撃ち込んでいた。それまで少しずつ積み重ねてきたいらだちが暴発したように。引き金となったのは自分の近しい者が、次々に奪われて行く悲しさだったのかもしれない。こどもを喪い、部下を喪い、そして妻までも...。

数ヶ月後、一命はとりとめたものの堀部は下半身不随となり、車椅子の生活を送っている。
「俺がこんな体になって、治らないと分かったら、女房の奴、こどもを連れて出てっちゃった。夫婦なんて分からないもんだよ...」。
そんな堀部のつぶやきを聞きながら、西には返す言葉がない。堀部は他でもない自分の身代わりで、こんな体になってしまったのだ。
それから間もなく西は刑事の職を辞した。堀部だけではない、殉職した田中のまだ若い妻のことも気になる。すべては自分が原因だ。そんな罪悪感に西は苛まれ続けていた。絵を描くことことで生きる喜びを見出した堀部に画材一式を送り、田中の妻に当座の費用を用立て、そして妻と残り少ない生活のために、ヤクザから金を借りた西は、東城を先頭に立てた執拗な追い立てを振り切り、妻とふたりきりの旅に出る..。

製作/1997年
公開/1998年1月24日  日本映画  103分

監督・脚本/北 野   武

出演/ビート たけし:西  佳敬/警察刑事
   岸 本 加世子:西  美幸(西の妻)
   大 杉   漣:堀部 泰助(西の相棒)/警察刑事
   寺 島   進:中村  靖/警察刑事
   白 竜    :東城 正次/ボディガード
   渡 辺   哲:スクラップ屋主人
   薬師寺 保 栄:銃撃犯人
   大 家 由祐子:(田中の妻)
   逸 見 太 郎:警察刑事
   芦 川   誠:田中/警察刑事

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック