映画「大統領の料理人」チラシ

ミッテラン大統領のプライベート・シェフの真実の物語。
グルメの国フランスから、この上なく美味しい特別な一本が生まれた。ひょんなことから、大統領のプライベートキッチンを任されることになった女性シェフが、型破りな豪快さと絶品料理でお堅い官邸の常識と、大統領の「心」を変えていく...。
世界中の批評家も舌鼓を打った本作は、本国フランスでも大ヒット!
あなたの「美味しい」がくつがえる....。

『モデルとなった女性料理人「ダニエル・デルプシュ」』
フランス共和国大統領を務めたフランソワ・ミッテラン(1981~1995)のプライベート・シェフとして、1988年から2年間仕えた女性シェフ。
ダニエル・デルプシュは、フランス・ペリゴール地方出身のシェフで、フランスの伝統ある郷土料理を教える料理学校「Ecole d’Art et Tradition Culinaire du Perigord」を設立、彼女の自宅でも小さなレストランも経営していた。
大統領のシェフを務めた後、南極調査隊のシェフとして南極にも赴き、さらにその後トリュフの生産に適した場所を見つけるためにニュージーランドで仕事を始めるなど、世界中でフランス料理や食材の普及に努めた人物です。


画像
画像
〈ストーリー〉
片田舎で小さなレストランを営むオルタンス・ラボリがスカウトを受け、連れて来られた新しい勤務先はエリゼ宮。そこはなんとフランス大統領官邸のプライベートキッチンだった。
堅苦しいメニューと規律と縛られた食事スタイル、嫉妬うずまく官邸料理人たちの中で、彼女が作り出すのは「美味しい」の本当の意味を追求した料理の数々。
当初、値踏みするような目で遠巻きに眺めていた同僚たちも、いつしか彼女の料理の腕と情熱に刺激され、彼女のペースに巻き込まれ、官邸の厨房には、少しずつ新しい風が吹き始める。
やがて、大統領のお皿に食べ残しがなくなってきたある日、彼女に直接声をかけてきたミッテラン大統領の口から意外な話が飛び出すのだ...。

公式サイト、http://daitouryo-chef.gaga.ne.jp/

原題/LES SAVEURS DU PALAIS
製作/2012年
公開/2013年9月7日  フランス映画  95分

監督・脚本/クリスチャン・ヴァンサン
   脚本/エチエンヌ・コマール

出演/カトリーヌ・フロ
    :オルタンス・ラボリ/レストランオーナーシェフ
   ジャン・ドルメッソン
    :フランソワ・ミッテラン/フランス共和国大統領
   イポリット・ジラルド
    :ダヴィッド・アズレ/大統領秘書
   アルチュール・デュポン
    :ニコラ・ボヴォワ/料理人

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック