映画「ひぐらしのなく頃に 誓」パンフ

「人か祟りか偶然か...」
のどかな村・雛見沢で毎年起こる惨劇。それは夏祭りの「綿流しの夜」に、1にんが死に、1人が消える怪奇...。
人口2千人に満たないこの村で、「それ」は今年も起こる...。
『ひぐらしのなく頃に』の続編を望む多くのファンの声に応え、待望の〈解答編〉が誕生しました。原作者・竜騎士07シナリオ総監修による映画版オリジナルのラストシーンとなっています。
前作は原作の第一弾「鬼隠し編」を中心に構成されました。本作はその〈解答編〉となる「罪滅し編」を中心に物語が作られています。前作では多くの謎を残したまま、解決されなかった惨劇を本作では時間を元に戻し、徐々にその謎を紐解いていきます。
圭一を襲った者たちの真意とは?
雛見沢に隠された秘密とは?
そして「オヤシロさまの祟り」の真相とは...?

画像
画像
画像
〈ストーリー〉
昭和58年初夏。某県鹿骨市雛見沢は全人口2,000人に満たない寒村だ。
竜宮レナは両親が離婚し、父親と一緒に茨城から人里離れたこの村に1年前に戻って来た。全学年合わせて15人程の分校には、東京から最近引っ越して来た前原圭一と、活発でクラスのリーダーシップをとる園崎魅音〈みおん〉、神社の巫女で神秘的な雰囲気を持つ古手〈ふるで〉梨花、いたずら好きでおませな北条沙都子〈さとこ〉たちが明るく楽しいのどかな毎日を過ごしていた...。

ある日の体育の授業で、クラス全員で水鉄砲によるバトルが行われた。最後まで残ったのは圭一とレナのふたり。最後の決戦となった瞬間、チャイムが鳴りタイムオーバー。「次はキッチリ勝負を!」と約束する。
そんなふうに仲間たちと一緒にいるときは、明るく振る舞っているレナだったが、その心の中には大きな「闇」があった。
母親の浮気がきっかけでレナの両親は離婚。そうなった原因はすべて自分にあると思い込んでいたレナは、精神が乱れ、茨城の学校では妄想に取り憑かれたかのように校内暴力事件を起こした。そもまま病院に通院することになるが、病院に通ってからも「自分の体から『ウジ虫』が湧き出る」という妄想に取り憑かれ、自らを傷つけていたのだ...。

そんな心の闇を持つレナは、父の新しい恋人・律子になかなか馴染めずにいた。
ある日、律子にはヤクザ者の北条鉄平という愛人がいて、父の財産が目当てで近づいたことを知ってしまう。レナは「父親を守るために、そして今の幸せを守るために」と1人で立ち向かう。それを機に不可解な行動が目立ち暴走していくレナ。心配した圭一たちはレナを救おうと動き出すのだが...。

製作/2009年
公開/2009年4月18日  日本映画  108分

監督・脚本/及 川   中〈あたる〉
原作/竜騎士07〈りゅうきしぜろなな〉
    『ひぐらしのなく頃に 誓』

出演/前 田 公 輝
    :前原 圭一/「雛見沢分校」男子生徒・転校生
   松 山 愛 里
    :竜宮〈りゅうぐう〉レナ/
           「雛見沢分校」女子生徒
   飛 鳥   凛
    :園崎 魅音〈みおん〉/
         「雛見沢分校」女子生徒・クラス委員長
   あいか
    :古手〈ふるで〉梨花/
           「雛見沢分校」女子生徒・神社巫女
   小 野 恵令奈(AKB48)
    :北条沙都子〈さとこ〉/「雛見沢分校」女子生徒
   大 杉   漣
    :大石 蔵人〈くらうど〉/興宮警察署刑事
   川 原 亜矢子
    :鷹野 三四〈みよ〉/「入江診療所」看護士
   田 中 幸太朗
    :入江 京介/「入江診療所」医師
   三 輪 ひとみ
    :知恵留美子/「雛見沢分校」女教師
   矢 部 美 穂
    :間宮 律子(レナの父・竜宮保典の恋人)
   大 高 洋 夫
    :北条 鉄平(沙都子の叔父)
   谷 口 賢 志
    :富竹ジロウ/フリーカメラマン
   渋 谷 正 次
    :白いワゴン車の男

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック