映画「ツナグ」パンフ

「使者〈ツナグ〉」とは?
それはたった一度だけ、死んだ人と会わせてくれる案内人。生きている人が会いたいと望む、すでに死んでしまった人との再会を仲介する「使者」を表す言葉。
ツナグの噂は都市伝説のようにまことしなやかに伝わっていて、辿り着けるかどうかは、その存在を知っているか。知って信じるかどうか。そこからの運、と言われている。
運良く辿り着けた場合、ツナグを介して生者と死者が会うのには、いくつかのルールが存在する...。
ルール1、依頼者が死者に会えるのは、生涯に一度、一人だけ。
ルール2、死者も、生者に会えるのは一度だけ。ただし死者側からの依頼ができない。
ルール3、会えるのは月の出る夜。夜明けまでの限られた時間だけ。


そして、ツナグの側にも、いくつかのルールが存在している...。

画像
画像
〈ストーリー〉
たった一人と一度だけ、死者との再会を叶えてくれる人がいるらしい...。
半信半疑で依頼をしてくる人たちの前に現われる使者は、ごく普通の男子高校生・渋谷歩美だった。歩美は、実は「ツナグ」を祖母のアイ子から引き継ぐ途中の見習い。最初の依頼者は、ガンで亡くなった母・ツルに会うことを希望する中年男性・畠田靖彦だった。畠田は、「土地の権利書のありかが分からない」と、母親に会いたい理由を歩美に説明していたのだが...。

画像
『伝えられなかった、母への後悔』
畠田は、母に本当の病名を、そして寿命の期限を伝えていなかった。その決断が正しかったのかどうか、心の奥でずっと思い悩んでいた。
「知ってしまえば、最期に向かう不安が生まれたはず。だが、もしちゃんと伝えていたら、お袋は残された時間の過ごし方を、自分で選ぶことができたのかもしれない...」。
畠田は、あのときの決断が間違っていなかったかどうか、もう一度母に会って聞きたいと考えていたのだった...。


画像
『裏切られた、親友への殺意』
2人目の依頼者は、喧嘩別れをしたまま自転車事故で死んでしまった親友・御園奈津に聞きたいことがある女子高生・嵐 美砂。
同じ演劇部に所属し、いつも一緒にいた美砂と奈津。3年生が引退して初めての演目「桜の園」で、美砂はヒロインを演じるつもりでいた。だが、奈津も立候補し、2人はライバルになってしまう。そして、オーデションで選ばれたのは、御園奈津の方だった。
「親友だと思っていたのに。裏切られた。いや、裏切られたと思ったから...」。
自分が彼女の死を願い、取り返しのつかないことをしてしまったと思っている嵐 美砂は、もう一度奈津に会い、あの日のあの瞬間のできごとを知っていたのか確かめたいと考える...。


画像
『信じ続けた、婚約者への愛』
3人目の依頼者は、プロポーズ直後に突然失踪した恋人・日向キラリのことを信じて待ち続けているサラリーマン・土谷功一。キラリが、突然姿を消してから7年がたち、「もう忘れろ。お前は騙されていたんだ」と、友人からも言われている。
「僕が騙されていて、今もどこかで元気で生きているならそれでいいんです。でももし、事故か何かに巻き込まれていたとしたら...」。
土谷は、アイ子と出会ったのをきっかけに、キラリとの再会をツナグに依頼する...。


一方、歩美は、「ツナグ」を引き継ぐ過程で様々な疑問を抱く。死者との再会を望むなんて、生者の傲慢かもしれない。間違いかもしれない。果たして会いたかった死者に会うことで、生きている人たちは救われるのか。人生は変わるのだろうか。そして死者は...。
その疑問は、自身の両親の不可解な死の真相へも向けられていくのだった...。


製作/2012年
公開/2012年10月6日 日本映画 129分

監督・脚本/平 川 雄一朗
原作/辻 村 深 月『ツナグ』

出演/松 坂 桃 李
    :渋谷 歩美〈あゆみ〉/「使者〈ツナグ〉」を
                   務める男子高校生
   樹 木 希 林
    :渋谷アイ子(歩美の祖母)
   遠 藤 憲 一
    :畠田 靖彦/亡き母をに会いたい横柄な中年男
   八千草   薫
    :畠田 ツル(靖彦の亡き母)
   橋 本   愛
    :嵐  美砂/親友に会いたい女子高校生
   大 野 い と
    :御園 奈津(美砂の親友)/
                事故死した女子高校生
   佐 藤 隆 太
    :土谷 功一/恋人を待ち続ける会社員
   桐 谷 美 玲
    :日向キラリ(土谷の婚約者)/行方不明の女性
   仲 代 達 矢
    :秋山 定之(アイ子の兄)
   本 上 まなみ
    :渋谷 香澄(歩美の亡き母)
   別 所 哲 也
    :渋谷 亮介(歩美の亡き父)
   浅 田 美代子
    :御園奈々美(奈津の母)

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック