映画「ローン・サバイバー」チラシ2

2005年6月、アフガニスタンの山岳地帯に降下、タリバンを監視、狙撃ターゲットの特定...それは米海軍ネイビー・シールズ創設以来最大の惨事として記憶されたレッド・ウィング作戦の決行から始まった...。
作戦に参加した4人の「ネイビー・シールズ」は、アフガニスタンの山岳地帯での偵察任務中、ある「決断」により200人超のタリバン兵の攻撃にさらされる。それは世界一の戦闘能力を誇る隊員にとり死を覚悟する絶望的な状況だった。しかし、ひとりの兵士がその極限状況を生き延び、奇跡の生還を果たす。いったい彼は、どうやって4人対200人超の過酷な戦場をサバイバルすることができたのか...?

画像
画像
〈ストーリー〉
2005年6月、アメリカ海軍特殊部隊「ネイビー・シールズ」のメンバーによる極秘任務が決行される。それはアフガニスタンの山岳地帯に潜み、ビンラディンの側近でタリバンのリーダーである、アフマド・シャーを殺害するという「レッド・ウィング作戦」だ。
しかし、監視任務中の4人の隊員は、現地の山羊飼いに遭遇してしまったことで完璧な計画の歯車が大きく狂い出す...。

民間人である山羊飼いを殺せば、世界中から批判を浴び大問題になる。しかし解放すれば、タリバンに通報される危険性が高い。無線が通じず、指揮官の指示を仰げない状況下で究極の決断を強いられた4人は激しい議論の末、山羊飼いを解放するのだった。
そして、彼らを待ち受けていたのは200人を超えるタリバン兵の襲撃を受けるという壮絶な結果だった。

攻撃を浴び、崖から転がり落ちる4人。次々に被弾し、全身に瀕死の負傷を重ねる隊員たち。適地での戦闘の中で、圧倒的な戦力差に、状況は絶体絶命に。タリバンの銃口がすぐ背後に迫り、彼らの命は時間の問題に思われた...。

しかし、マーカス・ラトレルは奇跡的に3日後、発見された。なぜ彼は、たった1人だけ生還することができたのか...?
「驚愕の真実」が明かされる。

公式サイト、http://www.lonesurvivor.jp/index.html

原題/LONE SURVIVOR
製作/2013年
公開/2014年3月21日  アメリカ映画  121分

監督・脚本/ピーター・バーグ
原作/マーカス・ラトレル『アフガン、たった一人の生涯』
   パトリック・ロビンソン

出演/マーク・ウォールバーグ
    :マーカス・ラトレル/アメリカ海軍特殊部隊
          「ネイビー・シールズ」狙撃兵・衛生兵
   テイラー・キッチュ
    :マイケル・マーフィ/アメリカ海軍特殊部隊
          「ネイビー・シールズ」指揮統制・偵察兵
   エミール・ハーシュ
    :ダニー・ディーツ/アメリカ海軍特殊部隊
          「ネイビー・シールズ」偵察・通信兵
   ベン・フォスター
    :マシュー・アクセルソン「アクス」/
     アメリカ海軍特殊部隊「ネイビー・シールズ」狙撃兵
   エリック・バナ
    :エリック・クリステンセン/アメリカ海軍特殊部隊
               「ネイビー・シールズ」隊員


映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック