映画「ロボコップ(2014年版)」チラシ

半分人間、半分マシーン。史上最強のバイオレンスヒーロー誕生!
1987年に公開された『ロボコップ』は、その斬新な設定と近未来デザイン、哀しみを背負ったバイオレンス・ヒーローとして大ヒットを記録し、今でも多くのファンがいます。
そして2014年3月14日、完全新作としてスクリーンに復活!
監督はブラジルの新鋭、ジョゼ・パジーリャ。「ロボコップ」のブラックを基調とするデザインを手掛けたのは、『ターミネーター』シリーズ、『アイアンマン』シリーズ、『パシフィック・リム』など、現在映画屈指のプロダクトデザインを手掛ける名門「レガシーエフェクツ」(旧スタン・ウィンストン・スタジオ)が担当しています。

画像
画像
〈ストーリー〉
2028年、アメリカのデトロイト。不可解な爆発事故により、身体のほとんどを失った優秀な熱血警官アレックス・マーフィ。
頭と心臓、そして銃を撃つための右腕だけ残された彼は巨大企業「オムニコープ」社の最先端テクノロジーを駆使した、最強戦闘マシーン、「ロボコップ」として蘇る!

公式サイト、http://www.robocop-movie.jp/

原題/ROBOCOP
製作/2014年
公開/2014年3月14日  アメリカ映画  117分

監督/ジョゼ・パジーリャ
脚本/ジョシュア・ゼトゥマー
   エドワード・ニューマイヤー
   マイケル・マイナー

出演/ジョエル・キナマン
    :アレックス・J・マーフィ「ロボコップ」/
                  デトロイト警察警官
   ゲイリー・オールドマン
    :デネット・ノートン/ロボット工学博士
   サミュエル・L・ジャクソン
    :パット・ノヴァク
   マイケル・キートン
    :レイモンド・セラーズ/ロボット企業
         「オムニコープ」最高経営責任者(CEO)
   アビー・コーニッシュ
    :クララ・マーフィ
   ジャッキー・アール・ヘイリー
    :マドックス
   マイケル・K・ウィリアムズ
    :ジャック・ルイス
   ジェニファー・イーリー
    :リズ・クライン
   ジェイ・バルチェル
    :ポープ

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック