映画「幕末高校生」チラシ

現代から幕末へとタイムスリップしてしまった高校教師と問題を抱えた3人の高校生たちが、幕末の偉人・勝海舟と出会い、未来を守るために奮闘する姿を描くタイムトラベル・コメディ。
日本史上、屈指の激動期、幕末。そのターニングポイントは一体どこなのだろうか?それは、国内での争いを避け、列強諸国に立ち向かうことになった、勝海舟と西郷隆盛の和平交渉から始まる「江戸城無血開城」が挙げられるのではないか。複雑に絡んだ様々な思惑入り乱れたこの出来事の1つが、もし、ほんの少しだけ変わってしまったら...。
本作は偶然の「タイムトラベル」が生み出した「タイムトラブル」を描いた、歴史エンタテインメント作品であり、新時代劇コメディです。

画像
画像

画像
画像
〈ストーリー〉
1868年、幕末。江戸では、新政府軍と幕府軍との間で戦いが始まろうとしていた。勝は国内での無益な戦いを回避できるような道を模索し、西郷隆盛のもとへ和平の使者を送ったのだが...。

そんなある日、勝は幕府に捕えられていた「未来からやって来た」という高校教師・未香子とその教え子・雅也と出会う。見慣れない服装で聞き慣れない言葉を話す彼女たちは、2014年の未来からタライムスリップしてきたというではないか。そして未来からの道具と言われる奇妙奇天烈な「スマートフォン」、摩訶不思議な「ルービックキューブ」、奇想天外な「オートモービル(自動車)」の存在に驚き、徐々に二人の言う事を信じるようになる勝。未香子らは、同じく江戸時代に来ているはずの教え子、恵理と慎太郎を探し出し一緒に未来へ帰りたいと言うのだ。
一方、西郷からの使者を待つ勝に、未来で「歴史」を教えているという未香子は「和平交渉が行われるから、江戸で戦は起こらない」と言い切る。しかし、その「歴史」では、すでに西郷からの使者は勝のもとに来ているはずだった。さらに、勝の政敵・柳田などという人物は、その「歴史」に全く登場しないのだ。

何かが「歴史」を狂わせてしまっている。もしかして、未来からやって来た事が、歴史に何か影響を及ぼしているのか...。


公式サイト、http://www.bakumatsu-kokosei.jp/

製作/2014年
公開/2014年7月26日  日本映画  108分

監督/李   闘士男
原案/眉 村   卓『名残の雪』
脚本/橋 部 敦 子

出演/玉 木   宏
    :勝  海舟/江戸幕府陸軍総裁
   石 原 さとみ
    :川辺未香子/「四葉学園」高校女教師《現代人》
   佐 藤 浩 市
    :西郷 隆盛/薩摩藩総司令官・新政府軍参謀
   柄 本 時 生
    :高瀬 雅也/「四葉学園」男子生徒《現代人》
   川 口 春 奈
    :森野 恵理/「四葉学園」女子生徒《現代人》
   千 葉 雄 大
    :沼田慎太郎/「四葉学園」男子生徒《現代人》
   柄 本   明
    :柳田 龍三/江戸幕府陸軍副総裁
   隆   大 介
    :山下 利蔵(西郷の側近)/薩摩藩士
   山 崎 銀之丞
    :新門辰五郎/「を組」火消し頭
   伊 武 雅 刀
    :大崎 則篤/町奉行
   石 橋 蓮 司
    :長英/「蕎麦長」主人
   谷 村 美 月
    :千代/江戸の町人
   吉 田   羊
    :民子(海舟の女房)
   渡 辺 邦 斗
    :富川 八郎/徳川家臣・柳田一派
   篠 井 英 介
    :徳川 慶喜/江戸幕府第15代将軍
   嶋 田 久 作
    :「薩摩屋」主人


映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック