映画「ジョーカー・ゲーム」チラシ

今まで誰も観たことのない、日本発の「究極のスパイゲーム・エンタテインメント」。
『SR サイタマノラッパー』シリーズで卓越した映像構成と演出力で注目を集める、新鋭・入江悠監督がメガホンをとった作品で、累計発行部数80万部を突破した日本最高峰のスパイサスペンス小説「ジョーカー・ゲーム」の映画化。架空の日本を舞台に、人類の歴史を変える開発の秘密が隠された文書を巡って、日本、英国、ソ連のスパイたちの壮絶な戦いが繰り広げられる。

画像
画像

画像
画像
〈ストーリー〉
第二次世界大戦前夜。上官の命に背き、極刑を言い渡された青年は刑の執行直前、謎の男・結城から救いの手を差し伸べられる。だがその交換条件は、結城が設立した秘密組織「D機関」の一員としてスパイになることだった...。

過酷で奇妙な訓練を経て、青年は「嘉藤〈かとう〉」という偽名を与えられ、世界を揺るがしかねない機密文書《ブラックノート》奪取の極秘ミッションを命令される。世界各国が狙う《ブラックノート》は現在、国際都市「魔の都」に駐在する米国大使・グラハムの手にあった。日本を飛び出し「魔の都」に潜入した嘉藤たちD機関のメンバーは、明晰な頭脳と身体能力を駆使し、グラハムに接近していく。しかしグラハムの愛人・リンや、ブラックノートを狙う各国のスパイたち、さらに「D機関」内部に潜む見えざる敵が彼らの前に立ちはだかる...。

誰が敵で、誰が味方か?そして《ブラックノート》に隠された秘密とは?
タイムリミットはグラハムが帰国するまでの
2週間。生と死が紙一重で隣り合う、「極限のスパイゲーム」の火ぶたが今、切って落とされる!


公式サイト、http://www.jokergame-movie.com/index.html

製作/2015年
公開/2015年1月31日  日本映画  108分

監督/入 江   悠
原作/柳   広 司『ジョーカー・ゲーム』
脚本/渡 辺 雄 介

出演/亀 梨 和 也
    :嘉藤 次郎/秘密組織「D機関」新米スパイ
   深 田 恭 子
    :リン(グラハムの愛人)/謎の女
   伊勢谷 友 介
    :結城/秘密組織「D機関」司令塔
   小 澤 征 悦
    :神永(結城の右腕)/秘密組織「D機関」幹部
   小 出 恵 介
    :三好/秘密組織「D機関」スパイ候補生
   山 本 浩 司
    :小田切/秘密組織「D機関」スパイ
   渋 川 清 彦
    :実井/秘密組織「D機関」スパイ
   RICHARD SHELTON(リチャード・シェルトン)
    :マークス/英国諜報部 スパイマスター
   JASPER BAGG(ジャスパー・バッグ)
    :キャンベル/英国諜報部 諜報員
   RICHARD MOSS(リチャード・モス)
    :アーネスト・グラハム/アメリカ大使
   田 口 浩 正
    :矢島/日本陸軍中佐
   光 石   研
    :笹原/日本陸軍大佐
   嶋 田 久 作
    :武野/日本陸軍大佐


映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック