映画「でーれーガールズ」チラシ

デビュー作『カフーを待ちわびて』で第1回日本ラブストーリー大賞を、『楽園のカンヴァス』では第25回山本周五郎賞を獲得した原田マハが、自身がかつて過ごした岡山での出来事を下地にした青春小説を映画化。仲たがいしてしまった女子高生2人とその30年後の再会を通し、かけがえのない友情と恋を描く作品です。

画像
画像
〈ストーリー〉
1980年、岡山。
東京から岡山に転校してきたたばかりの佐々岡鮎子はクラスに友達がいなかった。標準語を話す鮎子はクラスメートにからかわれっぱなし。岡山弁で「ものすごい」を意味する「でーれー」という言葉が耳に残った鮎子は、クラスに溶け込もうと「でーれー」をなにかにつけて使ってみる。ついたあだ名は「でーれー佐々岡」。
そんな鮎子の心の支えはかっこよくてギターもうまい大学生の彼、ヒデホくん。鮎子は密かに2人を主人公に、恋愛マンガを描いていた。ところがある日、その漫画をクラスでも目立つ、大人っぽく美人の秋本武美に見られてしまう。武美は鮎子にとって憧れの存在。そんな武美が、物語の続きを読みたがったのだ。武美は鮎子のマンガの最初の読者で、ファンとなっていく。
次第に仲を深める2人だったが...クリスマスイブ、ある事件がきっかけで決定的な仲違いをしてしまう。不器用だった鮎子、意地っ張りだった武美、2人は仲違いをしたままそれぞれの道を歩んだのだった...。

現在。
大人になり、漫画家になった鮎子は、母校で講演会をするため30年ぶりに岡山へやってきた。鮎子はそこで、思いがけず武美と再会し、再び物語が動き始める。
「2人が信じたもの」「2人が失ったもの」「2人が大切にしたかったもの」そのすべてが浮き彫りになった時、最後に待ち受ける意外な結末とは...?


公式サイト、http://deereegirls-movie.jp/

英題/FANTASTIC GIRLS
製作/2014年
公開/2015年2月21日  日本映画  118分

監督/大 九 明 子
原作/原 田 マ ハ『でーれーガールズ』
脚本/源   孝 志

出演/優 希 美 青
    :佐々岡鮎子/「岡山白鷺女子高校」女子生徒
   足 立 梨 花
    :秋本 武美/「岡山白鷺女子高校」女子生徒
   白 羽 ゆ り
    :佐々岡鮎子/漫画家《大人になった現在》
   安 蘭 け い
    :萩原 武美/教師《大人になった現在》
   須 賀 健 太
    :鈴木  淳/男子高校生
   前 野 朋 哉
    :荒川 雄哉(鮎子の担当編集者)/編集者《現在》
   丘   みつ子
    :荻原つね子(武美の義母)
   甲 本 雅 裕
    :網浜ベイビー/ブローチ売りのおじさん
   根 岸 季 衣
    :九十九 操(鮎子・武美の担任)/
               「岡山白鷺女子高校」教師
   桃 瀬 美 咲
    :篠山みずの/「岡山白鷺女子高校」女子生徒
   石 崎 なつみ
    :中野 千晶/「岡山白鷺女子高校」女子生徒
   杉 浦 香 絵
    :内藤 温子/「岡山白鷺女子高校」女子生徒
   山 根 千 佳
    :「岡山白鷺女子高校」女子生徒《現在》
   矢 野 聖 人
    :ヒデホ(鮎子の彼氏)/「神戸大学」学生


映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック