映画「さいはてにて やさしい香りと待ちながら」チラシ

能登を舞台に心に傷を抱えた二人の女性の出会いと再生を描く作品で、一杯のコーヒーがつなぐ心温まるドラマ。
メガホンを取ったのは、アジアの名匠エドワード・ヤンの後継者とも目される台湾出身の女性監督・姜秀瓊(チアン・ショウチョン)です。
故郷である奥能登のさいはての海辺に帰り、焙煎珈琲店を開いた岬と、この地に住むシングルマザーの絵里子。生き方も価値観も全く異なるふたりが出会い、やがてそれぞれがほんとうの自分、そして大切なものに気づいていく...。

画像
画像
〈ストーリー〉
石川県能登半島の中でも最も北側にある奥能登。東京から故郷である奥能登に戻ってきた吉田岬は、最果ての海辺で朽ちかけた舟小屋を改装し、焙煎珈琲店「ヨダカ珈琲」の営業を開始する。「ヨダカ珈琲」の向かいに住むのはシングルマザーの山崎絵里子と二人の子供たち。絵里子は生活の為に家を空けることが多く、幼い姉弟はたったふたり、肩を寄せ合って母のいない日を過ごしている。

珈琲店を訪れる様々な人々との交流が生まれる中、ある夜、舟小屋で「事件」が起きる。絵里子が岬の危機を救ったことで事件は未遂に終わったものの、深く傷つく岬。そんな岬の為に珈琲を淹れる絵里子。温かい珈琲が、傷つき、頑なだった心を溶かしていく...。いつしか4人は家族のように支え合って暮らし始める。そんな中、絵里子は岬が最果ての地にやって来た本当の理由を知ることになる。それは、漁師だった岬の父にまつわるもの。そして父について衝撃の事実が岬にもたらされ...。


公式サイト、http://www.saihatenite.com/

製作/2014年
公開/2015年2月28日  日本映画  118分

監督/姜 秀 瓊(チアン・ショウチョン) 
脚本/柿 木 奈 子

出演/永 作 博 美
    :吉田  岬/焙煎珈琲店「ヨダカ珈琲」女性店主
   佐々木   希
    :山崎絵里子/シングルマザー
   桜 田 ひより
    :山崎 有沙(絵里子の娘)
   保 田 盛凱清
    :山崎 翔太(絵里子の息子)
   臼 田 あさ美
    :城山  恵(有沙の担任)/小学校 女性教師
   イッセー 尾形
    :弁護士
   村 上   淳
    :清水 俊夫(岬の父)/行方不明の元漁師
   永 瀬 正 敏
    :(絵里子の交際相手)
   浅 田 美代子
    :山崎由希子(絵里子の祖母)



映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック