映画「マンゴーと赤い車椅子」チラシ

本作は、ある看護師の手記を基に、監督自身の実体験や取材によるリアリティを織り込んだ真実の物語。
事故による脊髄損傷で歩けなくなってしまった女性が、周囲の人々に支えられながら、赤い車椅子を相棒に未来へ進み出そうと奮闘する姿を描くヒューマンドラマです。
事故による脊髄損傷で歩けなくなってしまった彩夏。絶望と葛藤の嵐から彼女を救ってくれたのは、病院の仲間達や家族の愛、そして人を愛すること。ありのままの自分を受け入れる勇気を見出そうとする彼女は、赤い車椅子を相棒に、未来へと進み出すことができるだろうか...。

画像
画像
〈ストーリー〉
都内の内科病院に勤務する看護師の宮園彩夏は、23歳の誕生日に4階の自室から転落してしまう。幸い一命は取りとめたが、脊髄損傷で下半身の感覚を失ってしまうのだ。入院生活を送る彩夏の精神状態は荒廃し、故郷の鹿児島県大隅半島から出てきた母・洋子や病院関係者に不満ばかりぶつけていた。そんな彩夏の心を解きほぐしたのは14歳の小川龍之介、18歳の外崎千尋ら同じ車椅子の仲間たち、そして同室の高柳マリア、野田幸子とその夫・清一郎であった。さらに大隅半島に暮らす祖母・勝子とのメールのやり取りが、彩夏の心の支えとなっていた。父・政春が「彩夏はお袋と似とる」というように、彩夏と勝子には不思議な強い繋がりがあった。痴呆の進む勝子との奇妙で少し哀しいメールを通して、彩夏は次第に笑顔を取り戻していく。
ある日、自分の車椅子をオーダーする時、彩夏は家族が育てている赤いマンゴーを思い出し、真っ赤な車椅子を選択する。彩夏が入院して数日後、恋人の後藤がようやく見舞いに現れる。妻のいる後藤にとって彩夏との関係は不倫であった。妻との間に子供が出来たという後藤は彩夏に別れを告げ、彼女の元を去っていく。その夜、車道に身を投げ出そうとしていた彩夏を救ったのは、同じ車椅子の入院患者でロックミュージシャンの五十嵐翔太であった。彩夏の車椅子を「赤い戦車」と名付ける五十嵐に前を向いて生きる事を教えられ、彩夏は吹っ切れたようにリハビリに励むのだった。そんな時、真っ赤なマンゴーを持って田舎から勝子が見舞いに訪れ、彩夏をさらに勇気づける。だが、翔太は脊髄損傷が進行しギターが弾けなくなっていく体の変化に戸惑うばかり。ある日、彩夏は翔太からバンドのラストライヴのチケットを貰う。ライヴ当日、彩夏は理学療法士の菊池らの協力を得て病院を抜け出し、会場へ向かう。それは彩夏が車椅子生活になってから初めて経験する「外の世界」であった...。


公式サイト、http://akaikurumaisu.com

製作/2014年
公開/2015年2月7日  日本映画  93分

監督・脚本/
   仲 倉 重 郎
脚本/福 島 敏 朗
   山 室 有紀子

出演/秋 元 才 加
    :宮園 彩夏/「矢島内科医院」元看護師・
                     脊髄損傷患者
   NAOTO(EXILE/三代目 J Soul Brothers)
    :五十嵐翔太/脊髄腫瘍患者・
               「RNA」ボーカル&ギター
   三 田 佳 子
    :宮園 勝子(政春の母/彩夏の祖母)
   榎 木 孝 明
    :宮園 政春(彩夏の父)
   愛 華 み れ
    :宮園 洋子(彩夏の母)
   石 井 貴 就
    :小川龍之介/脊髄損傷患者
   吉 岡 里 帆
    :外崎 千尋/脊髄損傷患者
   杉 田 かおる
    :高柳マリア/脊髄損傷患者
   松 金 よね子
    :野田 幸子/脳梗塞患者
   ベンガル
    :野田清一郎(幸子の夫)
   森 宮   隆
    :後藤 直樹(彩夏の恋人)
   仁 科   貴
    :菊地 拓哉/「東京リハビリセンター」理学療法士
   折 井 あゆみ
    :山口めぐみ/「東京リハビリセンター」看護師
   階 戸 瑠 李
   山 口 大 地
   青 川   渚
   梶 谷 桃 子
   里 見 要次郎
   杏   さゆり
   RED RICE(湘南乃風)
   ド ン 小 西


映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック