映画「脳内ポイズンベリー」チラシ

水城せとなの同名の少女コミックを真木よう子主演で実写で映画化したラブコメディ。
7歳年下のフリーター男子と恋に落ちて戸惑うアラサー女子の実像と、彼女の頭の中で「ポジティブ」「ネガティブ」「理性」「衝動」「記憶」という擬人化された5つの思考が脳内会議を繰り広げるコメディタッチのラブストーリーです。

画像
画像

画像
画像
〈ストーリー〉
櫻井いちこは、会社を辞め、恋人もなく、根無し草のような日々を送るアラサー女子。ある日いちこは、気になっている年下男子・早乙女に駅で偶然遭遇する。運命の再会にときめくいちこだったが、頭の中はパニック状態。いちこの脳内では、「話しかけよう」「覚えてるわけないって!」「過去、男性にアプローチしたデータはないので...」「ドキドキする!」と《脳内会議》が始まり、頭の中がしっちゃかめっちゃかに!
理性を担当する会議の議長は、ポジティブ、ネガティブ、記憶、衝動によってカオス化した脳内会議をまとめ、無事にいちこを「幸せ」へと導くことができるのか...?


公式サイト、http://www.nou-poi.com/

英題/POISON BERRY IN MY BRAIN
製作/2015年
公開/2015年5月9日  日本映画  121分

監督/佐 藤 祐 市
原作/水 城 せとな『脳内ポイズンベリー』
脚本/相 沢 友 子

出演/真 木 よう子
    :櫻井いちこ/会社を辞めたアラサー女子
   西 島 秀 俊
    :議長(吉田)/いちこの脳内メンバー理性担当男子
   古 川 雄 輝
    :早乙女/美大出身のアーティスト
   成 河〈ソンハ〉
    :越智(いちこの担当)/編集者
   神 木 隆之介
    :ポジティブ(石橋)/いちこの脳内メンバー
                     ポジティブ男子
   吉 田   羊
    :ネガティブ(池田)/いちこの脳内メンバー
                     ネガティブ女性
   桜 田 ひより
    :衝動(ハトコ)/いちこの脳内メンバー
                   衝動的なゴスロリ娘
   浅 野 和 之
    :記憶(岸さん)/いちこの脳内メンバー
                    書記担当おじさん


映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック