映画「ジュラシック・ワールド」チラシ

現代に甦った恐竜たちの恐怖を描く、ステーヴン・スピルバーグ製作によるアクション・アドベンチャーシリーズの第4弾。
ついに完成した恐竜たちの生態が楽しめるテーマパーク「ジュラシック・ワールド」を舞台に、秘密裡に行われていた研究によって生み出された新種の恐竜が暴れ出し、人々を恐怖に陥れます。

画像
画像
〈ストーリー〉
コスタリカ沖の島に建設された「ジュラシック・ワールド」は、本物の恐竜を身近に体験できるテーマパーク。安全な環境の中で、訪れた家族連れが様々な恐竜たちの動き回る様子を見て楽しんでいた。その全てを監督するのは、出世に意欲的な野心家のクレアだった。そこへ、彼女の2人の甥、16歳のザックと11歳のグレイがやって来る。相手をする時間のないクレアは、甥たちにフリーパスを渡して自由に見学させる。
恐竜たちを蘇らせたのは、遺伝学者ヘンリー・ウー博士。ジュラシック・ワールドの後援者で億万長者のサイモン・マスラニの下で研究を続けていたが、パークをビジネスとして成功させるためには、リピーターを増やさなければならない。それには、毎年新しい種を創り出す必要があった。プレッシャーを感じたウー博士は、倫理上の一線を越えて遺伝子操作を行ってしまう。それは、史上初の遺伝子組み換え恐竜の誕生だった。秘密裏に誕生した大型恐竜インドミナス・レックスの性質は謎に包まれており、遺伝子構造に関するデータも機密情報として扱われ、隔離状態で飼育されていた。その生態と安全性を確認するため、クレアはメイン・パークから離れた研究施設に勤務する恐竜行動学のエキスパートで元軍人のオーウェンを訪ねる。そこへ、インドミナス・レックスが逃亡し、ジャングルの奥深くへ姿を消したとの連絡が。
それは、恐竜も人間も、パーク内の生き物すべてが危険に直面したことを意味した。2人の甥の身を案じるクレア。彼らは周囲360度が見渡せるアトラクション「ジャイロスフィア」に乗って恐竜の間を回っているのだ。パニック状態の中、救出に向かうオーウェンとクレア。他の恐竜たちも逃げ出し、安全な場所が失われたパークに残された人々の運命は...。


公式サイト、http://www.jurassicworld.jp/

原題/JURASSIC WORLD
製作/2015年
公開/2015年8月7日  アメリカ映画  125分

監督・脚本/
   コリン・トレボロウ
製作総指揮/
   スティーヴン・スピルバーグ
脚本/リック・ジャファ
   アマンダ・シルヴァー
   デレク・コノリー
   
出演/クリス・プラット
    :オーウェン/元軍人・恐竜行動学エキスパート
   ブライス・ダラス・ハワード
    :クレア/「ジュラシック・ワールド」監督
   ヴィンセント・ドノフリオ
    :ホスキンス
   タイ・シンプキンズ
    :グレイ(クレアの甥)/16歳少年
   ニック・ロビンソン
    :ザック(クレアの甥)/11歳少年
   オマール・シー
    :バリー
   B・D・ウォン
    :ヘンリー・ウー/遺伝学者博士
   イルファン・カーン
    :サイモン・マスラニ/億万長者・
           「ジュラシック・ワールド」後援者


映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック