映画「グラスホッパー」チラシ

ある事件をきっかけに気弱で心優しい草食男を一斉に標的とする、伊坂幸太郎原作による「最強」巻き込まれ型エンタテインメントの映画化。
伊坂幸太郎の同名小説を、生田斗真、浅野忠信、山田涼介ら豪華共演で映画化したサスペンス・ドラマ。渋谷のスクランブル交差点で起きたある事件を機に、恋人の復讐を誓う元教師、自殺専門の殺し屋、驚異的な身体能力を持つ殺人者という3人の運命が交錯していく...。

画像
画像

画像
画像
〈ストーリー〉
グラスホッパー(トノサマバッタ)は密集して育つと、黒く変色し、凶暴になる。人間もしかり...。
世界でも屈指の人が集中する過密都市、東京・渋谷。この街のスクランブル交差点で、ある事件が起こる。恋人を失った中学校教師の鈴木は、復讐のために仕事を辞め裏社会に身を投じる。組織に追われながらも真相を追ううちに、鈴木、人を絶望させる力を持つ自殺専門の殺し屋・鯨、そしてナイフ使いの若き殺し屋・蝉という、出会うはずのなかった三人の運命が交錯する。
果たして鈴木は、目的を果たし、この世界から抜け出せるのか...?


公式サイト、http://grasshopper-movie.jp/index.html

製作/2015年
公開/2015年11月7日  日本映画  119分

監督/瀧 本 智 行
原作/伊 坂 幸太郎『グラスホッパー』
脚本/青 島   武

出演/生 田 斗 真
    :鈴木/恋人を失った元中学校教師
   浅 野 忠 信
    :「鯨」/自殺専門の殺し屋
   山 田 涼 介
    :「蝉」/ナイフ使いの若き殺し屋
   麻 生 久美子
    :すみれ(槿の妻)/謎の主婦
   波 留
    :百合子(鈴木の婚約者)/中学校給食職員
   菜々緒
    :比与子(寺原会長の腹心)/
         健康美容食品会社「フロイライン」女性社員
   村 上   淳
    :岩西(蝉の相棒)/裏社会の交渉人
   宇 崎 竜 童
    :(鯨の亡父)
   吉 岡 秀 隆
    :槿〈あさがお〉/「押し屋」と呼ばれる殺し屋
   石 橋 蓮 司
    :寺原/裏社会組織会長
   金 児 憲 史
    :「寺原Jr.」(寺原会長の息子)
   佐津川 愛 美
    :「メッシュの女」/組織に拉致される若い女
   山 崎 ハ コ
    :「桃」(鯨のエージェント)/アダルトショップ経営者


映画チラシがショッピングカート販売で安い
『映画チラシ販売 大辞典』
http://jidai2005.theshop.jp/











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック