映画「ディバイナー 戦禍に光を求めて」チラシ

第一次世界大戦で行方不明になった3人の息子たちを探し出すため、オーストラリアからトルコにやって来た父親の喪失感と圧倒的な愛を描いた事実に基づく物語で、ラッセル・クロウが初監督・主演を務めた人間ドラマです。
イギリスら連合国軍の一員として参戦し、多くのオーストラリア人が遠い異国トルコの地で戦った、第一次世界大戦のガリポリの戦いを、オーストラリアとトルコの双方の視点から忠実に描いた物語です。

画像
画像
〈ストーリー〉
ガリポリの戦いから4年後の1919年。
水脈を探し当てる職人(ディバイナー)のオーストラリア人、ジョシュア・コナーは、連合国軍に参加しガリポリ半島で行方不明になった3人の息子たちの最期を知るため、トルコへと旅立つ。故郷から遥か遠い異国の地での捜索は困難を極めるが、コナーの決意は決して揺らぐことはなかった。そんな中、イスタンブールで宿を営む女性アイシェや、息子たちと戦ったトルコの英雄・ハーサン少佐らの助けを借り、コナーは一縷の希望を掴むのだが...。


公式サイト、http://diviner-movie.jp/

原題/THE WATER DIVINER
製作/2014年
公開/2016年2月27日  オーストラリア・アメリカ・トルコ映画  111分

監督/ラッセル・クロウ
脚本/アンドリュー・ナイト
   アンドリュー・アナスタシオス

出演/ラッセル・クロウ
    :ジョシュア・コナー/水脈を探し当てる職人
   オルガ・キュリレンコ
    :アイシェ/女性宿経営者
   ジェイ・コートニー
    :シリル・ヒューズ/オーストラリア軍中佐
   イルマズ・アルドアン
    :ハーサン/トルコ軍少佐


映画チラシがショッピングカート販売で安い
『映画チラシ販売 大辞典』
http://jidai2005.theshop.jp/











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック