映画「64 ロクヨン 前編」チラシ

『半落ち』『クライマーズ・ハイ』など数々の傑作を生み出してきた横山秀夫が7年ぶりに世に放った衝撃作の映画化で、映画史に残る前後編2部作の感動巨編。
わずか7日間しかなかった昭和64年に発生し、未だ未解決となっている少女誘拐事件の解明に挑む刑事と、彼を取り巻く人々の感動の人間ドラマです。

画像
画像

画像
画像
〈ストーリー〉
7日間で幕を閉じた昭和最後の年、昭和64年。そのわずかな間に少女誘拐殺人事件が発生。それは刑事部で「ロクヨン」と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点を残し14年が過ぎ去った...。
時効まであと1年と迫る平成14年。当時「ロクヨン」の捜査にあたった刑事・三上義信は、警務部広報室に広報官として異動する。三上は時効が迫ったロクヨン解決のために動き出すが、そこに巨大な壁が立ちはだかる。記者クラブとの確執、キャリア上司との対立、刑事部と警務部の軋轢...。
そんななか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生する...。


公式サイト、http://www.64-movie.jp/

製作/2016年
公開/2016年5月7日  日本映画  121分

監督・脚本/
   瀬 々 敬 久
原作/横 山 秀 夫『64(ロクヨン)』
脚本/久 松 真 一

出演/佐 藤 浩 市
    :三上 義信/警察警務部秘書課広報室広報官
   綾 野   剛
    :諏訪/警察警務部秘書課広報室係長
   榮 倉 奈 々
    :美雲〈みくも〉/警察警務部秘書課広報室婦警
   夏 川 結 衣
    :三上美那子(義信の妻)/元婦警
   緒 形 直 人
    :目崎 正人/スポーツ用品店経営者・
               誘拐事件被害者家族
   窪 田 正 孝
    :日吉浩一郎/元ロクヨン自宅班(科捜研)
   坂 口 健太郎
    :手嶋/「東洋新聞」県警記者クラブサブキャップ
   椎 名 桔 平
    :辻内 欣司/県警本部長
   滝 藤 賢 一
    :赤間/県警警務部長
   奥 田 瑛 二
    :荒木田/県警刑事部長
   仲 村 トオル
    :二渡 真治/県警警務部警務課調査官
   吉 岡 秀 隆
    :幸田 一樹/元ロクヨン自宅班・スーパー警備員
   瑛 太
    :秋川/「東洋新聞」県警記者クラブキャップ
   永 瀬 正 敏
    :雨宮 芳男/「雨宮漬物」経営者・
              誘拐事件被害者家族
   三 浦 友 和
    :松岡 勝俊/警察刑事部捜査一課長
   筒 井 道 隆
    :柿沼/元ロクヨン自宅班・
            警察刑事部捜査一課専従班
   鶴 田 真 由
    :村串みずき/元ロクヨン自宅班担当婦警
   赤 井 英 和
    :望月/元ロクヨン追尾班・農家経営者
   菅 田   俊
    :漆原/元ロクヨン自宅班長・所轄署長
   烏 丸 せつこ
    :日吉 雅恵(浩一郎の母)
   小 澤 征 悦
    :御倉/警察刑事部捜査一課次席
   金 井 勇 太
    :蔵前/警察警務部秘書課広報室主任
   芳 根 京 子
    :三上あゆみ(義信の娘)/女子高校生
   菅 原 大 吉
    :石井/警察警務部秘書課長
   柄 本   佑
    :落合/警察刑事部捜査二課長


映画チラシがショッピングカート販売で安い
『映画チラシ販売 大辞典』
http://jidai2005.theshop.jp/











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック