映画「夏美のホタル」チラシ

「ふしぎな岬の物語」の原作者・森沢明夫の実体験を基に書いた同名小説を、有村架純主演で映画化した人間ドラマ。
将来や恋人との関係に不安を抱く少女が、見知らぬ土地で出会った人々とのふれあいを通して、亡き父親の思いを受け止め、成長していく物語です。

画像
画像

画像
画像
〈ストーリー〉
写真家になる夢を持ちながらも、将来への漠然とした不安を抱える河合夏美は、煮え切らない態度をとる恋人・相羽慎吾との付き合いに少々イラ立ち気味。そんな夏のある日、亡き父の形見のバイクに跨り、一緒にホタルを見た森へ向かう。カメラを手にした夏美はテントを張り、木々の緑が眩しい森の風景を撮りながらホタルを待とうと考える。買い物に立ち寄った黄色い看板のよろず屋「たけ屋」は、ヤスエさんと「地蔵さん」と呼ばれる息子の恵三が営んでいた。夏美に、空いている部屋があるから泊まっていけと勧める2人。その親切に甘えて、店の手伝いをしながらしばらく厄介になることを決める。やがて、夏美を追ってやって来た慎吾も一緒に居候することに。地蔵さんの友人、雲月の不遜な態度は腹立たしかったものの、近所の子供たちと川えびやテンカラ釣りを楽しみながら過ぎてゆく穏やかな日々。ところがある日、地蔵さんが倒れて入院。そして夏美は、地蔵さんが別れた家族との間に埋められない溝を抱えて、長い間苦しんできたことを知る。地蔵さんのために出来ることがないかと考えた夏美が取った行動とは...。


公式サイト、http://natsumi-hotaru.com/

製作/2016年
公開/2016年6月11日  日本映画  108分

監督/廣 木 隆 一
原作/森 沢 明 夫『夏美のホタル』
脚本/片 岡   翔
   港   岳 彦

出演/有 村 架 純:河合 夏美/写真学校 女子生徒
   工 藤 阿須加:相羽 慎吾(夏美の恋人)
   淵 上 泰 史:河合 忠男(夏美の亡き父)
   村 上 虹 郎:公英
   中 村 優 子:美也子
   小 林   薫:榊山 雲月(恵三の友人)/仏師
   光 石   研:福井 恵三「地蔵さん」(ヤスエの息子)
   吉 行 和 子:福井ヤスエ/よろず屋「たけ屋」主人


映画チラシがショッピングカート販売で安い
『映画チラシ販売 大辞典』
http://jidai2005.theshop.jp/











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック