映画「無伴奏」チラシ

直木賞作家・小池真理子の半自伝的小説の映画化。1969年の仙台を舞台に、クラシック音楽の流れる喫茶店で2人の青年と出会った女子高生が、恋を経験して大人の女性に成長していく切なく耽美なラブストーリーです。

画像
画像
〈ストーリー〉
日本中で学生たちが学生運動を起こす混沌とした1969年(昭和44年)に仙台で過ごす多感な女子高校生の野間響子。同級生のレイコやジュリーとともに、時代に流されて制服廃止闘争委員会を結成し、学園闘争を行っていた。そんな響子が気がかりな両親は仕事の都合で東京に引っ越すが、仙台の進学校に通う響子は、仙台の叔母のもとで過ごすことになる。 レイコに連れられ、初めてクラシック音楽の流れるバロック喫茶「無伴奏」へ足を運ぶ響子。そこで偶然にも大学生の渉、渉の親友・祐之介、祐之介の恋人・エマと出会う。
この喫茶店では、好きな音楽をリクエストできるのか、「バッヘルベルのカノン」をリクエストする渉。響子は、席が隣り合わせになったそんな渉に興味を抱く。 ある日、大学での集会で怪我をして自分の甘さを痛感し、学生運動から離れた響子は、逃げ込んだ「無伴奏」で、渉たちと再会する。響子は、渉に逢うたびに強く惹かれていった。時に嫉妬や不安に駆られ、それでも熱い想いを渉に傾けていく。 初めてのキス、初めてのセックス。「革命」以上に刺激的な恋の魔力に響子が囚われていたある日、思いもよらない衝撃的な事件が起こる...。


公式サイト、http://mubanso.com/

製作/2015年
公開/2016年3月26日  日本映画  132分

監督/矢 崎 仁 司
原作/小 池 真理子『無伴奏』
脚本/武 田 知 愛
   朝 西 真 砂

出演/成 海 璃 子:野間 響子/女子高生
   池 松 壮 亮:堂本  渉/大学生
   斎 藤   工:関 祐之介(渉の親友)
   遠 藤 新 菜:高宮 エマ(祐之介の恋人)
   松 本 若 菜:堂本勢律子(渉の姉)
   酒 井 波 湖:レイコ/女子高生
   仁 村 紗 和:ジュリー/女子高生
   斉 藤 とも子:野間 秋子(響子の母)
   藤 田 朋 子:千葉 愛子(響子の叔母)
   光 石   研:野間 幸一(響子の父)


映画チラシがショッピングカート販売で安い
『映画チラシ販売 大辞典』
http://jidai2005.theshop.jp/











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック