映画「セルフ/レス 覚醒した記憶」チラシ

古くなった身体を捨て、若くて新しいクローンの肉体に頭脳を転送させ若返るというシステム。実際に動物実験で一部成功しているという、現実に起こり得る近未来装置。けれども、もし転送先が新品の肉体ではなかったら?そして、本当は前の持ち主がいて、その記憶が残っているとしたら...?

画像
画像
画像
〈ストーリー〉
「ニューヨークを創った男」と称され、政財界に強い影響力を持つ建築家のダミアンは、ガンを患い余命半年と宣告される。そんな彼に、科学者のオルブライトが遺伝子を培養し作った肉体への頭脳の転送を持ちかける。ただし別人として生きることが条件であり、莫大な費用やオルブライトの研究所にも疑念があったものの、娘・クレアとの関係修復ができないまま病状が悪化していき、失意のダミアンはついに決意。引退の書類を親友のマーティンに託した後、オルブライトの指示に従ってコーヒーを仰ぎ、そのまま倒れる。
救急車で研究所に運ばれた彼は、転送装置へ。68歳のダミアンの体は死に、新たな肉体を手に入れる。エドワードという名前で新たにスタートを切った彼は若者の暮らしを謳歌するが、オルブライトから渡された拒絶反応を抑える薬を飲み忘れたところ、幻覚を見る。あまりにもリアルだったため探したところ、幻覚に現れた建物は実在していた。さらに幻覚に出てきた女性マデリーンと会った彼は、驚愕の事実を知る...。


公式サイト、http://www.selfless.jp/

原題/SELF/LESS
製作/2015年
公開/2016年9月1日  アメリカ映画  117分

監督/ターセム・シン
脚本/アレックス・パストール
   デヴィッド・パストール

出演/ライアン・レイノルズ
    :若いダミアン「マーク」
   ベン・キングスレー
    :ダミアン/建築家
   ナタリー・マルティネス
    :マデリーン(マークの妻)/幻覚に出てきた女性
   マシュー・グード
    :オルブライト/科学者
   ヴィクター・ガーバー
    :マーティン(ダミアンのビジネスパートナー・親友)
   デレク・ルーク
    :アントン(オルブライトの一味)
   ミシェル・ドッカリー
    :クレア(ダミアンの娘)


映画チラシがショッピングカート販売で安い
『映画チラシ販売 大辞典』
http://jidai2005.theshop.jp/











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック