映画「Kanon カノン」チラシ

富山・金沢・東京を舞台に、死んだはずの母と再会し、秘められた過去を知ろうと旅に出る3姉妹の姿を通し、家族の再生を描いた人間ドラマ。
バラバラになった家族を繋ぐ三姉妹のピアノ三重奏「カノン」。幸福だった頃の母と姉妹の記憶をつなげる大切な曲だった...。

画像
画像
〈ストーリー〉
富山県黒部市に住む小学校教師の次女・岸本藍、東京で夫と二人の子どもと暮らす専業主婦の長女・宮沢紫、金沢で老舗料亭の若女将業に勤しむ三女・岸本茜。祖母の葬儀で久しぶりに会った三姉妹は、遺書を開き、驚きの事実を知る。
「許して下さい。あなた達のお母さんは生きています」
母・美津子は、姉妹がまだ幼かったころ、父の死をきっかけに酒に溺れ、19年前に火事で重傷を負い入院してからは一人離れて暮らしていた。姉妹は金沢で料亭を営む父方の祖母・辰子に引き取られ、母宛の手紙を書き続けたが返事はなく、数年前に母は亡くなったと祖母から聞かされていたのだ。その母が生きている...。
葬儀の翌日、金沢から母がいる富山の介護施設へ向かう三姉妹。そこには長年の飲酒が原因のアルコール性認知症を患い、娘たちを思い出せずにいる母の姿があった。三姉妹は衝撃を受け止めきれないまま、それぞれの日常に戻る。

職場や家庭では溌剌と振る舞う三姉妹だが、心の奥には母から受けた長年の傷が残っていた。藍は市役所職員の恋人・聡からプロポーズを受け、彼の母にもあたたかく迎え入れられるものの、二人の親密な親子関係と自分の生い立ちを比べて自信をなくしてしまう。東京の紫は、夫の和彦から子育てや家事に関する暴言を浴びせられ、言い返せない。女将業の重責を担う茜は、かつての母のようにアルコールに頼るようになっていた...。


公式サイト、http://kanon-movie.com/

製作/2016年
公開/2016年10月1日  日本映画  123分

監督/雑 賀 俊 朗
脚本/登 坂 恵里香

出演/比 嘉 愛 未
    :岸本  藍(三姉妹の次女)/黒部市の小学校教師
   ミムラ
    :宮沢  紫〈ゆかり〉(三姉妹の長女)/東京の専業主婦
   佐々木   希
    :岸本  茜(三姉妹の三女)/金沢の老舗料亭若女将
   桐 山   漣
    :小出  聡(藍の恋人)/市役所職員
   長谷川 朝 晴
    :宮沢 和彦(紫の夫)
   古 村 比 呂
    :小出 妙子(聡の母)
   島 田 陽 子
    :新井 澄子/老舗かまぼこ店主夫人
   多岐川 裕 美
    :岸本 辰子(三姉妹の父方の祖母)/金沢の料亭女将
   鈴 木 保奈美
    :原島美津子(三姉妹の母)


映画チラシがショッピングカート販売で安い
『映画チラシ販売 大辞典』
http://jidai2005.theshop.jp/











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック