映画「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」チラシ

レニー・ゼルウィガーが「幸せになりたい」と奮闘するヒロインを演じ、女性から絶大な支持を受けた人気ラブ・コメディの、前作から11年ぶりとなるシリーズ第3作。
アラフォーとなったブリジットに訪れる新たな恋の行方がコミカルに描かれます。

画像
画像
画像
〈ストーリー〉
アラフォーになったブリジット・ジョーンズはなぜか未だに独身だった。彼女が愛した男たちは、ダニエルは事故で亡くなり、別の女性と結婚したマークは離婚調停中の身。しかし、今やテレビ局の敏腕プロデューサーとなったブリジットに、ドラマチックな出会いが訪れる。相手はハンサムでリッチ、性格もナイスなIT企業の社長、ジャック。ブリジットはいつもの天然っぷりでジャックに急接近する一方、マークとも再会を果たす。またしても二人の男性の間で揺れ動くブリジットは、どちらのイケメン男性を選ぶのか? そして今度こそ結婚できるのか...。


公式サイト、http://bridget-jones.jp/

原題/BRIDGET JONES'S BABY
製作/2016年
公開/2016年10月29日  イギリス映画  123分

監督/シャロン・マグワイア
原作・脚本/
   ヘレン・フィールディング『ブリジット・ジョーンズの日記』
脚本/エマ・トンプソン
   ダン・メイザー

出演/レニー・ゼルウィガー
    :ブリジット・ジョーンズ/TV局プロデューサー
   コリン・ファース
    :マーク・ダーシー(ブリジットの元恋人)/弁護士
   パトリック・デンプシー
    :ジャック・クワント/IT企業社長
   ジム・ブロードベント
    :(ブリジットの父)
   ジェマ・ジョーンズ
    :(ブリジットの母)
   エマ・トンプソン
    :ローリングス/女性医師


映画チラシがショッピングカート販売で安い
『映画チラシ販売 大辞典』
http://jidai2005.theshop.jp/











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック