映画「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」チラシ

『ローマの休日』『スパルタカス』などの名作を手がけた脚本家、ダルトン・トランボの実話を描いた人間ドラマ。
冷戦下のアメリカで行なわれた赤狩りの標的となり、ハリウッドで仕事を失いながらも弾圧に負けず、偽名を使ったり、格安のギャラでB級映画の脚本を手がけるなど懸命に創作活動に勤しむトランボの姿が描かれています。

画像
画像
〈ストーリー〉
第二次世界大戦後、共産主義排斥活動「赤狩り」が猛威を振るうアメリカ。その理不尽な弾圧はハリウッドにもおよび、売れっ子脚本家ダルトン・トランボは、議会での証言拒否を理由に投獄されてしまう。やがて出所し、最愛の家族の元に戻ったものの、すでにハリウッドでのキャリアを絶たれた彼には仕事がなかった。しかし、友人にこっそり脚本を託した「ローマの休日」に続き、偽名で書いた別の作品でもアカデミー賞に輝いたトランボは、再起への歩みを力強く踏み出す...。


公式サイト、http://trumbo-movie.jp/

原題/TRUMBO
製作/2015年
公開/2016年7月22日  アメリカ映画  124分

監督/ジェイ・ローチ
原作/ブルース・クック『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』
脚本/ジョン・マクナマラ

出演/ブライアン・クランストン
    :ダルトン・トランボ/脚本家
   ダイアン・レイン
   :クレオ・トランボ(ダルトンの妻)
   エル・ファニング
    :ニコラ・トランボ(ダルトンの長女)
   ヘレン・ミレン
    :ヘッダ・ホッパー/コラムニシト
   ルイス・C・K
    :アーレン・ハード(ダルトンの脚本家仲間)/脚本家
   ジョン・グッドマン
    :フランク・キング/映画会社幹部
   マイケル・スタールバーグ
    :エドワード・G・ロビンソン/俳優


映画チラシがショッピングカート販売で安い
『映画チラシ販売 大辞典』
http://jidai2005.theshop.jp/











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック