映画「シンドラーのリスト」パンフ

1980年、オーストラリアの作家トーマス・キニーリーは、アメリカ旅行の途中でビバリー・ヒルズの、あるかばん屋を訪れた。そこの主人レオポルド・ペファーベルクから、オスカー・シンドラーの話を聞かされる。彼はその時80歳で元ポーランドの陸軍中隊長であり、アウシュビッツから奇跡の生還を遂げた「シンドラーの生き残り組」の一人だったのだ。

画像
〈ストーリー〉
1939年9月1日、第二次世界大戦はドイツのポーランド侵攻から始まった。そしてオスカー・シンドラーは実業家として一旗揚げようと、この街にやって来たのだ。
ある日、シンドラーはブーフハイスター商会のユダヤ人会計士イツァーク・シュテルンを訪ねる。敵であるはずのドイツ人から仕事のパートナーとして選ばれ、シュテルンは戸惑っていた。シンドラーはシュテルンの背後にあるユダヤ人社会を利用して、軍用のホーロー容器工場を経営し大成功する。
1943年にナチスはユダヤ人を強制労働収容所に入れ、無償の労働をさせ、それに従わない者は次々と殺していったのだ。シンドラーはプワシュフの収容所長ゲートの残虐な行為に我慢がならなくなっていた。それで収容所内に工場を建て、過酷な労働からまぬがれさせユダヤ人の命を守ったのだった。

原題/SCHINDLER'S LIST
製作/1993年 
公開/1994年 アメリカ映画 195分

監督/スティーブン・スピルバーグ
原作/トーマス・キニーリー 『シンドラーのリスト』
脚色/スティーブン・ザイリアン

出演/リーアム・ニーソン
    :実業家/オスカー・シンドラー
   ベン・キングスレー
    :ユダヤ人会計士/イツァーク・シュテルン
   ラルフ・ファインス
    :ユダヤ人収容所長/アーモン・ゲート
   キャロライン・グッドール
    :オスカーの妻/エミーリェ・シンドラー
   ジョナサン・セガール
    :ユダヤ人/ポルデク・ペファーベルグ
   エンベス・タビッツ
    :ユダヤ人メイド/ヘレン・ヒルシュ

映画チラシ・パンフレット販売
『映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典』
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

"映画「シンドラーのリスト」パンフ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント