映画「悲情城市」

1989年ヴェネチア映画祭金獅子賞(グランプリ)

1945年の日本敗戦による解放から1949年の国民政府の統治開始に至る台湾の激動の歴史を、林家の人々を中心に描いた叙事詩大作。制作当時にタブーであった〈2.28事件〉をも堂々と描く熱い思いが全編にたぎっている。トニー・レオンとシン・シューフェンの清冽な愛の美しさが感動を呼ぶ。

原題/A CITY OF SADNESS/悲情城市
製作/1989年 台湾映画 159分

監督/侯 孝 賢(ホウ・シャオシエン)
脚本/呉 念 眞
   朱 天 文

出演/トニー・レオン
   シン・シューフェン

画像

画像

映画チラシ・パンフレットの販売もしています。
チラシは20円からです。
詳しくは、映画パンフ・プログラム・チラシ大辞典
http://www7a.biglobe.ne.jp/~jidai2005/

"映画「悲情城市」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント